特定商取引に関する法律
(1)「特定商取引に関する法律」とは?/(2)「特定商取引に関する法律」の概要
(3)インターネットショッピングについて



(1)「特定商取引に関する法律」とは?

 これまでは「訪問販売等に関する法律」でしたが、平成1361より、「特定商取引に関する法律」に名称が変更されました。そもそも「訪問販売等に関する法律」というのは、消費者保護のために、訪問販売や通信販売などを行う事業者を規制する法律です。今回、名称変更とともに、一層の消費者保護を図るため、規制が強化されました。
この法律で対象となるのは、以下の6つの取引形態です。

a.訪問販売
b.通信販売(インターネットショッピングはこれに含まれます)
c.電話勧誘販売
d.連鎖販売取引
e.特定継続的役務提供
f.業務提供誘引販売取引





(2)「特定商取引に関する法律」の概要

 対象となる6つの取引の中でも、通信販売(インターネットショッピングが含まれる)関して、規制対象および規制内容の概要は以下のとおりです。

b.通信販売

<規制対象>
 郵便・電話・インターネット等通信手段により申込みを受ける販売

<規制内容>
 ・一定事項の表示の義務付け
 ・誇大広告の禁止等
    →違反すると、100万円以下の罰金
 ※通信販売にはクーリングオフの適用はありません。個々の返品条件によります。





(3)インターネットショッピングについて

  インターネットショッピングは「通信販売」の規制対象となります。そのため、「ホームページ(上の広告)」には以下について表示しなければなりません。

a.広告における表示義務事項

(1) 商品の価格(送料が含まれない場合は送料も)
(2) 支払い時期および方法
(3) 商品の引渡し時期
(4) 商品引き渡し後の返品の特約(返品できない場合は、その旨)と条件
(5) (事業者が個人の場合)氏名または名称、住所、電話番号 
(6) (事業者が法人の場合)代表者氏名または通 信販売業務の責任者氏名
(7) 申し込みの有効期限(期限がある場合のみ) 
(8) 商品の送料、またそれ以外の付帯的費用(代引手数料、組立費等)
  ※ 金額で表示すること(「送料実費」等は不可)
  ※ 表示するスペースに余裕がない場合は、以下の様な表示も可
  a) 最低送料と最高送料:
      送料○○円(東京)〜○○円(沖縄)
  b) 平均送料:
      送料○○円(約○%の範囲内で地域により異なります)
  c) 送料の数例:
      送料○○円(東京)、○○円(大阪)、○○円(福岡)
(9) 商品に隠れた瑕疵がある場合の事業者の責任について(規定がある場合のみ)
(10) 商品の販売数量 の制限や、権利・役務の販売・提供条件(規定がある場合のみ)
(11) 告の表示事項の一部を表示しない場合(消費者からの請求により、広告の表示事項を記載した書 および電磁的記録を遅滞なく提供する旨を表示する場合)に、消費者がそれらを記載した書面 を請求した場合、その金額(消費者に負担を求める場合のみ)