【9月号の表紙】

ふくい食の歳時記E
「コシヒカリ」

 今や美味しいお米の代名詞となっているコシヒカリは、福井県で生まれました。昭和31年に農林登録され、その後50年以上に渡り、福井県内の至る所で作られています。昭和54年には全国作付面積トップの座につき、今日もその状況は変わっていません。
 倒伏しやすく、いもち病に弱いとの欠点を様々な栽培法と工夫によって克服し、コシヒカリは日本を代表するブランド米となりました。その名前には「越の国に光輝く米」という開発者の願いが込められています。
 国内では「ひとめぼれ」や「あきたこまち」といった新しい品種のお米が数多く登場していますが、これらのルーツは全てコシヒカリにあります。福井県でも現在、さらにおいしく、病気にも強い、新しいお米の研究開発が行われています。
 また、県内ではコシヒカリの米粉を使ったお菓子等の製造も各店で行われており、県外にコシヒカリを広く発信するのに一役買っています。
   
[撮影協力]
(株)西洋菓子倶楽部
竹内菓子舗


 (特集)自慢の商品・サービスを売り込め!
        〜新商品・新サービス合同プレス発表会〜

 ■会議所の動き
     9月度議員懇談会 / 事業結果報告・会議所カレンダー


 ■支援センターからこんにちは
     〜「グループ取引信用保険制度」のご案内〜


 ■ふくい経済TOPIX  〜就業編〜


 ■女性会だより
     〜女性会設立10周年記念事業 ホノルル日本人商工会議所訪問〜


 ■青年部PRESS
     〜えきまえアントレ・キッズ2012が開催されました〜


 ■元気な会員情報

   ・たこ屋敷 七味屋           相澤 勝さん
    ・(有)セカンドゲート           渡辺 知周さん
    ・ハローサービス            蓮沼 春雄さん
    ・(株)宮永不動産             宮永 真孝さん


 ようこそ新入会員さん


 AREA INFORMATION




このページに関するご質問・お問い合わせは mail:pub-info@fcci.or.jp まで