【10月号の表紙】

ふくい食の歳時記F
「とみつ金時」

 さつまいもは、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んだ非常に優れた食材です。比較的痩せた土地でも育ちやすい特徴をもち、江戸時代の儒学者である青木昆陽が、飢饉の際の救荒作物として栽培を推奨したことで全国に普及しました。
 福井県を代表するさつまいもとして全国的に有名な「とみつ金時」は、あわら市の富津地区を中心に県内各地で栽培されています。品種的には「五郎島金時」「なると金時」と同系統にあたります。
 福井県内に流通するさつまいもの8割近くは県内産であり、そのうち8割がこの「とみつ金時」です。採れたばかりのとみつ金時は、8月中旬頃から出荷が始まり、特殊な保存法によって美味しさを保ったまま、翌年の6月末まで県内各地で販売されます。
 「とみつ金時」は甘みが強く、適度な水分が詰まっており、しっとりした食感が特徴です。この甘さを活用したスイーツも県内で数多く作られています。
   
[撮影協力]
(株)ユアーズホテルフクイ
ハシモト洋菓子店
(株)村中甘泉堂


 (特集)北陸のものづくり企業の挑戦
        〜北陸技術交流テクノフェア2012〜

 ■会議所の動き
     10月度議員懇談会 / 事業結果報告・会議所カレンダー


 ■支援センターからこんにちは
     〜「小規模企業共済制度」のご案内〜

 ■9月度の景気見通し調査  
〜低水準での足踏み傾向続く〜


 ■ふくい経済TOPIX  〜進路編〜


 ■新商品・新サービス合同プレス発表会 エントリー企業レポート


 ■講義を終えて
     〜販売は才能ではなく技術、“トライ&エラー”の繰り返しが大切〜


 ■元気な会員情報

   ・(株)ディテール              長田 裕美さん
    ・フラワープロデュース テンメリア    三橋 展子さん
    ・保険クリニック 越前シピィ店      椎尾 康仁さん
    ・むろまち                   中川 昌信さん


 ようこそ新入会員さん


 AREA INFORMATION




このページに関するご質問・お問い合わせは mail:pub-info@fcci.or.jp まで