HOME > 委員会 > 福井元気が出る委員会

委員会

福井元気が出る委員会

委員会職務分掌

  • 春まつりの検証、企画、運営
  • 夏まつりの検証、企画、運営
  • まちづくり事業の検証、企画、運営
  • まちキッズの企画、運営
  • 会員拡大の推進

委員長抱負

福井はPR下手といわれます。また、福井には何もないと自分たちで発言します。福井は本当に魅力がないのでしょうか。その前に私たちは福井のことをどれだけ知っているでしょうか。その福井で地域交流やまちづくりに積極的に関わっている人たちがいることを知っているでしょうか。各地域の特産品、工芸品、祭りなどにストーリーがあることを知っているでしょうか。このような知らないことが多い、そこが問題なのです。

平成28年度は「49王国」「まちキッズふくい」がスタートし、それぞれの地域に触れ、知ることを始めました。大切なことはまず私たち自身が地域の宝、地域の人を知ることです。まちづくりや地域の特産品、伝統工芸などの発信に取り組む火種人材がいます。そのような熱い思いのある火種人材と接点を持ち、その熱を伝播させることが福井のことを知る第一歩になり福井を好きになる入口となります。そのためにYEG事業に各地域の人を巻き込み、多くの関係者を巻き込み、多くの来場者を巻き込む必要があると考えます。事業を構築するときにSNSを意識し、魅力的な福井を発信するコンテンツを事業に取り入れていきます。そこで今年度は私たち福井YEGメンバーが今まで知らなかった福井を知り福井のことを好きになり、さらに福井の魅力を発信する火種人材になることを目指します。

これまで福井YEGが積み上げてきた経験を活かしつつ、福井のみなさまの目に留まるような事業を構築していきます。地域の方たちと協動する、地域と地域を繋げる、地域の魅力を発信する、私たちはそのチカラがあり、今こそ発揮すべきです。そのために何ができるかを考え、私が先頭に立ちまずは動く。地域活動、行政そして福井YEGの在り方、かかわり方を確立させるべく邁進する覚悟です。

福井元気が出る委員会メンバーはもちろん、福井YEG会員それぞれが地域のまちづくりなどの取り組みに参加することも大事です。福井の魅力を発信するために、地域に入り込んでいこう。そして、青年経済団体である福井YEGが取り組む意味を考えながら、福井の魅力を伝える、福井を愛する事業を一緒に構築していこう。みんなで事業を構築、参加することで、これからもずっと続く仲間づくりがYEG活動の目的のひとつでもあります。

福井元気が出る委員会委員長 福田 智司

委員長 福田 智司 ライフスタイルプラス
副委員長 佐々木 俊一 (株)クリーニング白洋舎
副委員長 前田 和也 (株)E-GANG
副委員長 松宮 正和 (株)松宮設計事務所

大谷 論史 (株)シー・ディー・アイ

大村 亮輔 玩具問屋 大村商店

奥田 茂 (株)林不動産鑑定所

河上 剛志 平成電工(株)

川端 勇大 川端段ボール(株)

岸本 潔武 (株)キシモト

竹内 治 (有)タカラアート

橋本 武志 ホクコンマテリアル(株)

八木 寛 (有)紅青社

山本 義樹 (株)エヌアンドシィオゥ

吉田 智晴 (株)竹下印刷所
ページトップへ