HOME > 委員会 > Go-getters委員会

委員会

Go-getters委員会

委員会職務分掌

  • 会員の人格、教養、経営能力向上、火種人材づくりのためのビジネス例会の企画、運営
  • ふくい会社ヂカラ取材班の企画、運営
  • キャリア教育事業への参画等
  • 福井商工会議所会員大会物産展への参加、運営
  • 会員拡大の推進

委員長抱負

青年部の皆様はビジネス系委員会の活動に満足してくれているのだろうか。業種、職種も様々な仲間の集まりである青年部。ゆえにメンバーそれぞれが考えるビジネス上の課題も様々。ビジネス系委員会の活動の根幹は「会員の資質向上」ですが、背景の異なるメンバーに、忙しい時間を割いて参加し満足し、また出席したいと思える例会・事業を企画できるかは大きな課題です。

青年部の新たなスローガンは「剛毅果断」。その中で中核となっているコンセプトが「火種人材」です。小さな火種が大きな炎になるように、自ら率先して行動し、他者を巻き込み、組織全体として高いパフォーマンスを上げていく。そんな人材=火種人材に自らがなり、そして育てること。これが当委員会に与えられたテーマです。我々青年部メンバーの心には、志や夢、野心、大望など様々な形の火が灯っています。しかし火は、何もせずに放置すれば消えてしまいます。誰かが風を送ってやらなければ、火が大きくなることもありません。当委員会が目指すのはメンバーの火をより力強く燃え上がらせること、潜在的な思いを形にする手助けをすることです。メンバー自身の資質向上の機会、さらに自分を高めていきたいと思うモチベーション。これらを1年通じて高いレベルで提供することで、課題である参加者の高い満足度と継続的な出席につなげていきます。

そんな委員会を目指す上で重要なことが、自ら考え、自ら動く。動きながら考えることだと思います。研修で何を扱えば満足度が高いか、どうすれば参加者のモチベーションが上がるか、これらには明確な答えがありません。大事なことは、自身の知識と経験を元に善いと思うことを判断し、間違えていたならそれを正し、旧弊にとらわれず果敢に新しいことに挑戦することです。

Go-getterという言葉には、何でも進んでやる人、自発的に仕事をする人、やり手といった意味があります。何かを待つのではなく自ら積極的にしかけていく。そんな思いから、これを複数形にしたものを委員会名に選びました。今年のビジネス例会はひと味違うね、面白いねと、折に触れて語ってもらえるよう1年間走り抜けていきたいと思います。ご期待下さい。

ビジネストライ委員会委員長 佐藤 宏隆

委員長 佐藤 宏隆 (有)詩季(flow.Nexus)
副委員長 大滝 智己 (株)ムラタ
副委員長 田中 日奈子 ヒヨコヤデザイン
副委員長 村上 武雄 村上大理石(株)

明瀬 達哉 Bar lu touch

今井 順也 今井労務経営事務所

大平 泰弘 行政書士法人 坪川事務所

川中 優 焼肉屋 優

田畑 健太郎 (株)越前かに成前

辻 直樹 (株)キャンピオ辻万

松井 尋志 (株)前田美装工業

松井 良平 中華四川料理 もりた

村田 幸治 ソニー生命保険(株)

森下 峰雪 (株)石本石材

森近 泰富 税理士法人 合同経営会計事務所

山田 祐司 山田商店
ページトップへ