福井モノづくり企業・技術データベース

ものづくり企業同士の取引や連携が活発になるよう
福井県内企業の技術・製品を紹介しているサイトです。

モノづくり企業・技術検索

株式会社武田機械

技術情報

両頭フライス盤

製品分類機械・金属 
加工技術分野切削 
特許有  実用新案

 当社は金型の元となるプレートの側面加工を行う両頭フライス盤を生産しています。両頭フライス盤とは材料を両側から同時に面削する機械で主に金型の元となるプレートの側面加工に使用されます。日本の金型産業の技術力の高さが注目されていますが、その金型の元となるプレートにもミクロン単位の高い精度と技術が求められています。金型用プレートは、寸法はもとより高い平行度・平面度・直角度を求められます。受注するサイズも様々なのでプレート加工業者も多種少品目の受注に柔軟に対応する必要があります。このような品質の高い金型用プレートを作るためには熟練工の技術・経験・知識といったノウハウが必要でした。弊社はこの熟練工のノウハウをデジタル化(数値制御化)し誰が加工を行っても高精度の加工が行える(再現できる)機械を開発しました。これにより加工時間が劇的に短くなり、工場の生産性が飛躍的に伸びました。金型プレートの加工のみならず両頭フライス盤の高い加工能力や加工精度を評価されてマニホールドやエンジンブロックの側面加工といった分野でも活躍の場が広がっています。

【写真】(クリックで拡大します)

【他社に求めること(共同開発・販売委託など)】

 当社は油圧内蔵式精密マシンバイス・長尺加工機のインモーションセンター・プレート加工機の両頭フライス盤など製品ラインナップが豊富です。
 今後更なるコストダウンを考えた製造を検討する為、短納期で多品種小ロット生産に協力して頂ける企業を求めます。

※企業・製品情報の詳細は各社にお問い合わせください。

企業情報

企業名株式会社武田機械
フリガナタケダキカイ
代表者代表取締役社長 山口 博徳
所在地〒918-8188 福井県福井市三尾野町1-1-1 (地図)
TEL(0776)33-0043FAX(0776)33-3343
創業年昭和20年10月設立年昭和45年8月
資本金5,000万円従業員数120人
担当者生産管理部部長 福岡 義春
HPアドレスhttp://www.takeda-kikai.co.jpE‐maily-fukuoka@takeda-kikai.co.jp
事業内容 当社は機械部品・金型の基となるプレートの側面加工を行う両頭フライス盤を生産しています。両頭フライス盤とは材料を両側から同時に面削する機械で高精度のプレートを加工する時に使用されます。日本の金型産業の技術力の高さは有名ですが、それゆえ基となるプレートにもミクロン単位の高い精度と技術が求められます。(寸法はもとより高い平行度・平面度・直角度が必要)
 受注するサイズも様々なのでプレート加工業者は多品種少ロットの受注に柔軟に対応する必要があります。従来このような品質の高いプレートを作るには熟練工の技術・経験・知識が必要でしたが、弊社がこの熟練工のノウハウをデジタル化(数値制御化)し、誰が加工を行っても高精度の加工が行える(再現できる)機械を開発したことから、プレート加工時間が劇的に短くなり、工場の生産性を飛躍的に伸ばすことになりました。現在では金型プレートの加工のみならず、両頭フライス盤の高い加工能力や加工精度が評価されマニホールドやエンジンブロックの側面加工といった分野にも活躍の場が広がっています。
サークル活動
ISO取得
主要取引先業種自動車/電機/機械・金属/その他(金型)
採用実績大学院卒 / 大学卒

Copyright© 2016 福井商工会議所 All Rights Reserved.