ホール・貸室のご案内

福井商工会議所のサービス

経営の悩みを相談したい
売上を伸ばしたい
事業資金を借りたい
社員教育を充実したい、人材を採用したい
海外展開を考えたい
事業やお店を始めたい
検定試験のご案内/お申込み

ふくいの観光

会議資料ダウンロード

元気な会員情報



        

(株)エヌエム   チェンバー 平成29年5月号掲載

 「車の手入れに自信はないけれ ど、いつまでも愛車を美しく、 大切にしたい」そのようなニー ズに完璧に応える企業、それが ㈱エヌエム。
同社は車のボディコーティングを得意とする。特殊なセラミックを使って新品以上に美しく車の艶を際立たせ、施行後に車の防汚性を高めることができる優れものだ。「ウォーターコート」と名付けられたこのベースとなるコーティングは顧客に高く評価され、全国で約3,000社のディーラーや販売店に普及している。
5年前に「バリアクリスタル」ブランドを立ち上げ、昨年11月に顧客の声を直接聞きたくバリアクリスタル福井第1号店を開店。今後は店舗を増やして全国への普及を狙う。毛利氏は「車を大切に持ち続けたい顧客のニーズにきめ細かく対応できる店舗を全国に広めたい」と、県外に打って出る意気込みを語った。

ワンポイント情報

「バリアクリスタル」では、コーティングの他にも車内清掃や外装の隅々まで行き届いたクリーニングを行うカーエステサービスも提供している。

企業情報:
(株)エヌエム バリアクリスタル福井
 店長  毛利 直道 さん
福井市和田2-2013
TEL.0120-24-3421
同社HP:http://www.b-crystal.jp/
       

                 

(株)環境E.M.Cプロジェクト   チェンバー 平成29年4月号掲載

ごみ処理用の機械やシェルターを設計・販売する㈱環境E.M.Cプロジェクト。環境に関する事業で、福井の技術の全国展開を目指して活動している。
新展開にあたり、生前整理2級認定指導員の資格を取得した渡邊社長。生前整理の講演会を開催しており、今後は企業に勤める30代〜40代の従業員向けに親世代の生前整理の手伝い方の勉強会の実施も検討中だ。
また、「ただやわらかい食事が介護食ではない。歯がない人や噛む力が弱い人でも美味しく食べられる、見た目は普通食と同様の介護食の作り方を知ってほしい」という想いから、介護食について勉強中。いずれは介護食アドバイザーの資格を取り、今年2月に移転した同社の食品部門「重左エ門商店」で、料理教室を開催する予定だ。生前整理・介護食についてお悩みであれば、是非同社に相談してみてはいかがだろうか。

ワンポイント情報

生前整理2級認定指導員の資格は、福井では渡邊社長含む2名のみが所持。個別相談も行っており、内容によっては、専門家の紹介も行っている。

企業情報:
(株)環境E.M.Cプロジェクト
 代表取締役社長  渡邊 千津子 さん
坂井市丸岡町堀水10-17-1
TEL.090-8704-8373
営業時間.8:00~17:00

        

(有)ハートブレーン   チェンバー 平成29年3月号掲載

グラフィックやWebのデザインを行う㈲ハートブレーン。アクセス解析等を通じてWebサイトの運用提案も行う。
同社が、3年前より製造・販売するフォトフレーム「和紙ック ―WA CHIC -」は、フレームと写真が和紙で作られ、背面にLED照明を搭載。昼は和紙の優しい素材感が作品を引き立て、夜は部屋を幻想的に演出する間接照明に変身する。
同社が参加する福井商工会議所のLED研究会「ふくい照考会」では、販路開拓の勉強会を実施。その実践の場として、5月12日から3日間、10時から17時の時間帯に、ギャラリーこーくる(福井市田原2-5-3)で展示会を開催する。同社含め5社が参加し、今後は県外でも開催する予定だ。
展示会は入場無料で、福井の産業資材やLED技術を駆使した照明が勢揃いする。是非足を運んでみていただきたい。

ワンポイント情報

和紙ックのフレームは8タイプの和紙があり、全て表情が異なる。特許申請中で、クールジャパン認定商品。

企業情報:
(有)ハートブレーン
 代表取締役社長  小川 秀夫 さん
あわら市古屋石塚11-16
TEL.0776-73-8388
同社HP:http://heartbrain.net/
和紙ックHP:https://www.wachic.info/
       
   
        

福井シード(株)   チェンバー 平成29年2月号掲載

オリジナル品種の野菜やハーブ等の種子と苗を開発・販売する福井シード㈱。現在は、植物をより強く育てる植物活力剤「植物剛健」を開発するなど、資材の研究開発も行っている。
そんな同社は2月22日に「第5回 春まちフェア」を開催する。福井の農業の活性化を目的に開催する同フェアでは、全国から種苗や農機具、作業着など、農業関連の資材が展示される。
今年はテーマを「つ・な・ぐ」と題し、「農家とメーカー」「現世代と次世代」「産地と産地」をつなぐ様々な企画を実施する。福井国体の応援ブースや、農業に関わる女性で構成される「ふくふく会」とのコラボ企画など、見て聞いて体験できるフェアとなっている。
「第一次産業である農業を盛り上げ、産業全体を活性化したい」という同社の想いを形にした同フェアは、一見の価値あり。是非ご来場いただきたい。

ワンポイント情報

同社の研究開発を担う「ベジプロセンター」は国内有数の完全無菌施設。更なる技術向上を目指し、日々研究が進められている。

企業情報:
福井シード(株)
 営業開発室 室長  辻本 芳郎 さん
福井市開発5-2004
TEL.0776-52-0262
http://www.fukuiseeds.co.jp/
   
        

Les Queues   チェンバー 平成29年新年号掲載

本格的なフレンチが楽しめるお店「Les Queues」が12月10日にリニューアルオープンした。県外からの来客が増えてきたこともあり、今後は「福井の情報発信基地」として福井の魅力を発信していく。
ランチは2千円から、ディナーは5千円からと、気軽に料理が味わえる同店。食材から石釜で使用する薪、店内のテーブルに食器、ナイフと、全てを福井井県産にこだわる。
また、「福井で頑張っている人を応援したい」という想いから、メニュー確認ができるタブレットで、食材やその生産者のPRも行っている。福井の生産者や納入業者とパートナー関係を築き、顧客にはより良いものを提供したい同店ならではのサービスだ。
 「当店で使用するもの全てがメッセージ性を持つお店を作っていきたい」と熱い想いを語ってくれた。

ワンポイント情報

使用基準を満たす食材であれば、価格が多少割高でも県内産を優先するというほど、こだわりを見せる同店。そんな同店は共に働く仲間を募集中だ。

企業情報:
Les Queues
 代表  阪下 幸二 さん
福井市高柳町1-712
TEL.0776-53-4858
http://www.les-queues.jp
   
        

事前相談室こころ((株)オームラ)   チェンバー 平成28年11月号掲載

葬儀や仏事の相談ができる「事前相談室こころ」((株)オームラ)。「終活」への関心が高まり、高齢者の事前相談が増えたため、今年10月にオープンした。気軽に相談に来れるよう、カフェスタイルとなっている。
同社では、葬儀はもちろん、遺品整理やお墓、さらには相続関係や保険に関する相談など、生前から葬儀後までを一貫してサポート。多様な相談に応じている。
また、仏具も販売しており、小型仏壇や数珠、線香など、その種類は多岐に渡る。特に小型仏壇の品揃えは市内トップクラス。オーソドックスな漆塗から、モダンなデザインまで、部屋の雰囲気や好みに合わせて選ぶことができる。
いつでも無料で相談ができるので、自身の想いを伝えたり、大切な方を後悔なく送るためにも、一度相談をしてみてはいかがだろうか。

ワンポイント情報

相談室では、毎月イベントも開催している。偶数月には終活関連のセミナーを、奇数月には水引の書き方などを学ぶワークショップを実施予定。

企業情報:
事前相談室こころ((株)オームラ)
 常務取締役  大村 洋子 さん
福井市西木田3-4-33
TEL.0776-35-1253
http://kk-oomura.co.jp/
   
        

オーディオスペースコア   チェンバー 平成28年10月号掲載

世界中から厳選したオーディオ機器を販売しているオーディオスペースコア。店内には、筏さん一押しの様々なオーディオ機器が所狭しと並んでいる。
主力商品の高音質オーディオは、レコードプレーヤーやCDプレーヤーが音楽を再生、アンプで音量調整やスピーカーを駆動することで、音楽が流れる仕組み。同店では、これらの機器やそれらをつなぐケーブルまで全て揃えることができる。購入の際には、製品について丁寧に説明してくれるので、初心者でも安心だ。
販売するオーディオ機器の音質には強いこだわりを見せる同店。ドイツやアメリカなど、海外まで足を運び、全て音質をチェックしてから販売する。「お客様が音楽を通して幸せな時間を過ごし、より良い人生を歩めるよう手助けをしていきたい」と仕事にかける熱い想いを語った。

ワンポイント情報

音楽文化の根強さから、店内には高品質な海外製品が多く並ぶ。その魅力を伝えるためにも、異業種とのコラボイベントにも積極的に取り組んでいる。

企業情報:
オーディオスペースコア
 代表  筏 隆一 さん
福井市新保1-808 クレストデュオ1F
TEL.0776-52-2952
   
        

Keyn's nail   チェンバー 平成28年9月号掲載

オープンして1周年を迎えたKeyn's nail。もともとは、美容室などで働いてい池端さんだが、認定講師の資格を取得した事をきっかけに独立した。
ジェルネイルは両手(足)で5千円から。1度ネイルをしてもらえば、約3~4週間持つとのこと。
顧客の想像通りのネイルをするため、進めながら要望を聞いてくれる同店。共に作り上げるため、お気に入りのネイルが出来上がる。また、顧客のカルテを作ることで、好みを把握するよう努めている。
そんな同店は、ネイルスクールも行っている。趣味として始めたい方、ネイルの仕事をしたい方など、目的に合わせてマンツーマンで教えてくれる。
「これからはお客様ももちろんだが、スクール生も増やしてネイルの魅力を広めたい」と想いを語ってくれた。

ワンポイント情報

ネイル前の最初のケアはそれだけで7割が決まると言われる程、重要な工程。同店では、ネイルを長く持たせるため、丁寧なケアをしてくれる。

企業情報:
Keyn's nail
 代表  池端 美佳 さん
福井市花堂南1-4-17 ㈱キーセンター内
TEL.0776-34-0099
   
        

へたっぴゴルフ教室   チェンバー 平成28年8月号掲載

福井・鯖江・敦賀に教室を持つへたっぴゴルフ教室。「趣味を増やしたい」「ゴルフがうまくなりたい」という想いを持つ、小学生から75歳までの幅広い年代がゴルフを教わっている。
同教室のレッスンは定員1〜3名までの少人数制で、10回3万円。1回60分で、スキル別にレッスンを組み立てるため、経験者のレベルアップはもちろん、初心者でもすぐにコースデビュー出来るレベルまで上達できる。「明るく楽しく元気に」がモットーのレッスンは、10回コースで終わってしまわず、リピーター続出の大反響ぶりだ。
また、二代目経営者などすぐに上達したい方向けの短期集中レッスンや、更なるサービス拡充に向けたトレーニングマシーンの導入など、新しいことに意欲的な同教室。「ゴルフを通じて、生徒が豊かな人生を送れるように手助けをしていきたい」と想いを語ってくれた。

ワンポイント情報

お試しレッスンは1回60分で3,000 円。ビックリするほどすぐ打てるようになるとのこと。気になる方は是非お問い合わせを。

企業情報:
へたっぴゴルフ教室
 代表  井美 明彦 さん
福井市問屋町2-8 村田商会2F倉庫
TEL.090-8702-7663
http://hetappi.golf-hp.com/
   
        

いちごガール   チェンバー 平成28年7月号掲載

いちごガールは、有名ブランドの子ども服を取り扱うセレクトショップ。県内ではこの店でしか買えないブランドもあり、県外からのリピーターも多い。
そんな同店のメインブランドは3つ。秋には新しいブランドを追加する予定だ。また、大人用バッグと靴の取り扱いもしており、幅広い年代の商品を取り揃えているため、大人も楽しめる店舗となった。
顧客とのつながりを大事にしている同店。顧客が以前買った服を覚えておき、再来店時にコーディネートを提案することもある。また、同店で買った服で来店された方をブログなどで発信。顧客とのコミュニケーションがリピートにつながる秘訣だ。
「子ども服はサイズが合わなくなると足が遠のくもの。そのため、今来店している子どもが大人になって子どもができた時に、また足を運んでくれるお店を目指したい」と語ってくれた。

ワンポイント情報

同店のメインブランドは、EARTH MAGICをはじめ、RONI、panpantutuの3つ。海外から購入する人もいるほどの人気ブランド。

企業情報:
いちごガール
 代表  後藤 理香 さん
福井市高柳1-203 カーサ・リブレ101
TEL.0776-57-1539
http://ichigogirl.shop-pro.jp/
   
        

久保田製菓(有)   チェンバー 平成28年6月号掲載

創業65年の久保田製菓㈲。以前は卸中心であったが、購入の問合わせが増えたこともあり、昨年11月に一部を店舗にリニューアルした。
同社は、店舗リニューアルに併せて、甘納豆のパッケージもリニューアル。若者でも手に取りやすい商品となった。種類は大納言小豆、白花豆など豆類が5種類と、秋冬限定のとみつ金時の全6種類。その他にも看板商品の冬季限定の水ようかんや、糖蜜シロップ、夏季限定のアイスコーヒーも製造している。
また、夏季限定の新商品「米茶ようかん」を発売。福井県産のもち米とそば茶を使用した水ようかんで、もちもちとした食感とそば茶の香りが特徴。8月末までの販売予定だ。
「アク取りなどの機械ではできない細かい作業を含め、全て手作業で行うことが美味しさの秘訣」という同社こだわりの味を一度味わっていただきたい。

ワンポイント情報

「もっといろんな人に当社の和菓子を食べてほしい。そのためにも、少しずつでも商品を増やし、地域に愛されるお店にしていきたい」と語る久保田さん。

企業情報:
久保田製菓(有)
 代表取締役  久保田 晃仁 さん
福井市南四ツ居2-1-36
TEL.0776-54-1620
http://kubota-mizuyoukan.com/
   
 

ミニミニFC福井店(エルディ(株)不動産事業部)   チェンバー 平成28年5月号掲載

福井駅前に店舗を構えるミニミニFC福井店。マンションの賃貸や管理、リノベーションを行っている。親会社が建築会社のため、特にリノベーションは高品質、かつローコストで行える。
そんな同店は、3月にコワーキングスペース「リンクス」をオープンした。コワーキングスペースとは、Co(共に)、Working(働く)スペースのこと。ビジネスはもちろん、交流の場など、使用目的は様々。1人でも、団体でも使用可能で、貸切も対応。何にでも使用できる共有スペースとなっている。
また、無料Wifiや、フリードリンク、さらには冷蔵庫、キッチンスペースなど、充実した設備もリンクスの魅力。しかも、充実した設備がありながら、利用料金はリーズナブル。仕事はもちろん、プライベートでも、是非一度利用してみてはいかがだろうか。

ワンポイント情報

店長の東野さんは「今回新しいことをしてみたいという想いでリンクスをオープンした。これからも、新しいことを提供・実践していきたい」語った。

企業情報:
ミニミニFC福井店(エルディ(株)不動産事業部)
 店長  東野 恭太 さん
福井市手寄1-11-23
TEL.0776-22-6320
http://www.rinks-fukui.com/
   
 

蕎麦Dining一福   チェンバー 平成28年4月号掲載

「蕎麦屋で一杯」がコンセプトの蕎麦Dining一福。同店は今年の4月で1周年を迎えた。
味はもちろん、居心地の良い雰囲気づくりを心がけている同店。若者や女性が1人でも来店しやすいよう店内にはテーブル席に加え、カウンター席が設けられている。
そんな同店では1周年を記念し、キャンペーンを開催中。ディナーの時間に同店を利用すればもれなく店名のロゴ入り若狭塗り箸がもらえる。(無くなり次第終了)この箸は次回来店時に持参すると嬉しいサプライズがあるとのこと。また、期間中は焼酎の1升瓶を全て50 %オフで注文できる。キャンペーンは4月末まで行っており、歓送迎会にもピッタリだ。
今後地物の料理を増やし、質の向上を目指したいと話す山内さん。「これからも蕎麦打ちを含め日々精進し、蕎麦を通して地元に貢献して愛されるお店を目指していきたい」と想いを語ってくれた。

ワンポイント情報

若者がターゲットの同店は、SNSを活用し話題提供を行っている。最新の情報は是非同店のフェイスブックやツイッターをご覧いただきたい。

企業情報:
蕎麦Dining一福
 代表  山内 魁 さん
福井市成和1-3106 KENJIビル1F
TEL.0776-63-6825
http://ippuku-shiosoba.jp/soba-dining-ippuku/
   
 

スワン商事(株)   チェンバー 平成28年3月号掲載

アルミ製の建材製品などの製造・販売を行うスワン商事㈱。今年2月に店舗の仕切りなどに使用する新製品「スワンムーバ―R100」を発売した。
従来製造していたスワンムーバ―シリーズと比べ、角の部分のカーブがより直角に近くなるよう、業界最小サイズにまで改良した。直角に近づけることで、店舗のデッドスペースを最小限に抑え、店舗スペースをより有効に活用できるようになった。
同製品は全てオーダー製作のため、サイズやアルミ部分の色は臨機応変に対応可能。また上吊り式でノンレールタイプなので、店舗の雰囲気を損なうことなく設置ができる。
「モノの移り変わりが早い現代の流れに乗っていくためにも、市場のニーズに合う製品をこれからも提供していきたい」と想いを語ってくれた。

ワンポイント情報

同社の強みはアルミの特性を活かした製品づくり。アルミならではの性質を取り入れ、日々製品づくりに励んでいる。また、横引き折りたたみ戸の他にも、折りたたみごみ箱や手すりなどの建材商品、喫煙ボックスなども製造している同社。どの商品も多くの販売実績があり、高い評価を得ている。

企業情報:
スワン商事(株)
 開発部  木下 紀洋 さん
坂井市坂井町福島10-1
TEL.0776-67-3011
http://www.swan-group.co.jp/

 

みどりのくまさん   チェンバー 平成28年3月号掲載

昨年9月に開設されたみどりのくまさんは、発達障害を抱える子どもを早期に発見・療育する児童療育センター。成長に遅れがあったり、コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手な子どもが、集団生活になじめるようにセラピーを行っていく。
当センターでは、「ABA」という行動療法を導入している。ABAは、小さい事でも良い行動をすれば褒めたりご褒美を与えることで、よりその行動をするように促すのが特徴。学習と遊びの時間にメリハリをつけることで、集中力を保たせることができる。
「たくさんの子ども達に、自分でできる喜びや、楽しいと思えることが増えるようにサポートをしていきたい」と語る山崎さん。初回相談は無料のため、子どもの成長で気になることがあれば、一度相談してみてはいかがだろうか。

ワンポイント情報

受入れは9:00~18:00、セラピーは10:00からで、日曜・祝日が閉館日となっている。対象年齢は2歳から小学校低学年まで。セラピーの内容は、スタッフが親と面談して苦手なことをピックアップするため、自由に組み立てが可能だ。発達障害の診断が出ていなくても相談ができるので、親子で気軽に行けるセンターとなっている。

企業情報:
みどりのくまさん
 代表  山崎 篠歩 さん
福井市高木中央1-3015
TEL.0776-52-3900
http://midorino-kumasan.com/

 

(有)ウッディ工房美樹   チェンバー 平成28年2月号掲載

創業以来オーダーメイド家具一筋の㈲ウッディ工房美樹。顧客の要望に合わせて、家具はもちろん、キーホルダーや時計などの小物からカウンターなどの店舗設備まで、幅広く対応している。
 「木と暮らす 木を愉しむ」がコンセプトの同社。大量生産はせず、顧客に喜んでもらえるように1つ1つ「真心のこもった手作り」にこだわっている。
そんな同社ではオーダーメイド家具を作る際、予算に合わせて約20種類から使用する木材を選ぶことができる。木の種類によって木目や色味が全く異なるため、自分好みの家具が手に入る。
木で作れるものならオールマイティーに対応可能だ。同社に任せれば、きっとあなたが思い描いた通りの最高の家具を手に入れられるに違いない。

ワンポイント情報

最近では、木を焼いて絵を描くウッドバーニング(焼き絵)で、結婚式などで使用するウェルカムボードを作りに来社される顧客も多い。下絵を描いてから焼くため、6歳以上の方なら誰でも体験できる。また、10人以上の希望者がいればボランティアで出張教室もしてくれるので、興味のある方は一度お問い合わせいただきたい。

企業情報:
(有)ウッディ工房美樹
 代表取締役  江端 一男 さん
福井市宿布町3-7-5
TEL.0776-41-3383
http://www.woodymiki.com/

 

甘露司 飛嶋((有)飛嶋屋)   チェンバー 平成28年2月号掲載

創業150年の甘露司飛嶋は、基本を大切に昔ながらの味を守り続けている老舗和菓子店。昨年10月に、福井駅前から城の橋通り沿いに移転オープンした。
ご進物やお茶会でよく利用される上生菓子は同店の看板商品。デザインに季節感を取り入れ、味はもちろん、見た目でも楽しむことができる。
また同店では、新商品開発のきっかけづくりとして、年末年始に200箱限定の限定商品を製造している。小豆の代わりに柿を餡にした「柿羊羹」や、中身をくりぬいて蜜漬けにした柚子の皮に餡を詰めた「柚月」など、好評だった限定商品から新商品として発売されたものもある。
東郷社長は「お客様に美味しくなったと言ってもらえるよう、今あるお菓子の味をさらにレベルアップしたい」と今後の抱負を語ってくれた。

ワンポイント情報

同店の営業時間は9:00~18:30、不定休での営業となっている。店のショーケースには常に様々なお菓子が並んでいる。なかには季節限定商品もあり、その時期ならではお菓子を作ることで、1年を通して季節感を出すよう意識している。今の時期はうぐいす餅やさくら餅、よもぎ餅などがオススメだ。

企業情報:
甘露司 飛嶋((有)飛嶋屋)
 代表取締役社長  東郷 耕昌 さん
福井市御幸3-16-35
TEL.0776-22-3550

 

なかむら整骨院・鍼灸院   チェンバー 平成28年新年号掲載

今年の9月にオープンしたなかむら整骨院・鍼灸院。白を基調とした院内で、日々治療を行っている。
ケガや痛みで不安を抱えている患者に安心感を与えるために、常に明るく元気に接するよう心がけている同院。治療前の診察や問診を細かく行うよう注意を払っている。
また、治療の延長としてテーピングやストレッチ・トレーニング指導などの自費メニューもある同院。患者からの要望もあり、最近美容鍼も開始した。鍼により顔のたるみやむくみを軽減し、血行を良くすることで肌のターンオーバーを促すことができる。
「福井市の方がいつまでも元気よく暮らしていけるように、安心できる院をつくっていきたい」と語る中村さん夫婦。ケガをしたり、身体に痛みを感じたら、一度同院へ相談してみてはいかがだろうか。

ワンポイント情報

受付時間は、平日が9:00~12:30と14:00~19:00、土曜日が9:00~15:00、休診日は日曜・祝日となっている。ケガをした方には整骨院として、痛みを減らしたい方には鍼灸院として対応している同院は、患者の要望に合わせて対応が可能。また、個室の設置や院内の雰囲気など、患者に配慮した空間づくりにこだわっている。

企業情報:
なかむら整骨院・鍼灸院
 院長  中村 隆文 さん  副院長   中村 充子 さん
福井市城東4-22-16 ヨコヤマビル1F
TEL.0776-26-3633
http://www.nakamuraseikotsuinsinkyuuin.com/

 

三輪建築研究所   チェンバー 平成28年新年号掲載

住宅や一般建築物のの設計・監理を行う三輪建築研究所。新築だけでなく、改修・リフォームにも力を入れている。
住宅の改修やリフォームにあたり、住まいの診断を行っている同社。診断シートで住宅をチェックして作成した処方箋から、改修・リフォームの提案を行っている。住宅の状態を分析した上で取り掛かるので、顧客にとってより住みやすい家の実現が可能となる。
また同社は、まちなかの狭小地に適した重量鉄骨3階建の住宅を得意としている。構造計算された安心の鉄骨住宅で、間取りが変えやすいため、次世代へとつながる家となるのが特徴だ。
三輪さんは「新築住宅が減っている今、改修・リフォームに自社の色をいれて、再生事業に取組んでいきたい」と想いを語ってくれた。

ワンポイント情報

同社は、基本設計に時間をかけたり、建設中の重要な工程がある時には実際に現場に足を運んだりすることで、建設後のトラブルを防ぐよう心掛けている。また、家づくりの勉強会も行っており、設計や金額などにおけるしっかりとした計画の立て方の知識をつけてもらうことで、顧客自身がトラブルを回避できるようサポートも行っている。

企業情報:
三輪建築研究所
 代表  三輪 光芳 さん
福井市松本1-55-19
TEL.0776-50-1223
http://www.architect-miwa.com/

 

TOPAZ模型   チェンバー 平成27年11月号掲載

建築模型をはじめとしたあらゆる模型製作を行うTOPAZ模型。金沢や富山、東京など県外からの依頼をメインに模型の製作をしている。
模型の素材はアクリルと発泡スチロールの2種類。アクリルは塗装ができ、完成形までしっかり作られるのに対し、発泡スチロールは塗装はできないが、完成後も加工することができるなど、用途によって素材を使い分けている。
また建築模型は、建物を建てる際に、依頼主はもちろん、建設作業の現場でも建物の具体的なイメージを掴むものとなる。そのため、地盤や植物など同社で全てを一から作成、依頼者のイメージを精巧に再現するよう心がけている。
山さんは「次世代に継承されるような良い模型を作ることで福井に貢献し、共に発展できるような仕事をしていきたい」と目標を語ってくれた。

ワンポイント情報

大手企業からの信頼が厚い同所。地盤や色など細かい部分までイメージ通りに表現するため、技術が良いと評判を得ている。また、大きい模型だと約6畳ほどのものまで製作するなど、多くの実績と経験を持つ同所は「お客様に喜んでもらえる良いものを作る」ことをモットーとしている。

企業情報:
TOPAZ模型
 代表  山 啓二 さん
福井市和田2-515
TEL.0776-50-2614
http://www.topazmokei.jp/

 

Bon coffee   チェンバー 平成27年11月号掲載

今年の7月に福井駅前通りに2号店をオープンしたBon coffee。2号店では、コーヒーのテイクアウトと豆の販売を行っている。
常時約20種類のコーヒー豆を取り揃えている同店。甘みと香りを引き出すことを一番のポイントとしており、苦みと酸味が強すぎない日本人好みの豆を取り扱っている。
その中でも今の時期のオススメはオーガニックコーヒー豆。審査の厳しいJASのオーガニック認定を受けた豆で、従来のものに比べ、深い味わいが特徴だ。
「1人でも多くの人に当店のコーヒーを気に入ってもらいたい。そのために、これからも美味しいコーヒー豆を厳選し、紹介していく」と語る山川さん。同店がこだわり抜いた本格派コーヒーを、是非一度味わってみてはいかがだろうか。

ワンポイント情報

Bon coffeeの営業時間は11:00~20:00、BEANS STOREの営業時間は10:00~19:00で、どちらも定休日は毎週火曜日となっている。美味しいコーヒー豆を提供するため、鮮度に注意を払っている同店。コーヒー豆は古くなると味が落ちてしまうので、常に新鮮なコーヒー豆を仕入れ、管理にも細心の注意を払っている。

企業情報:
Bon coffee
 代表  山川 哲司 さん
(Bon coffee)福井市中央1-14-3 TEL.0776-50-2956
(BEANS STORE)福井市中央1-4-12 TEL.0776-97-9974

 

(株)E-GANG   チェンバー 平成27年10月号掲載

フォーマルからカジュアルまで、約50のファッションブランドを取り扱うセレクトショップ㈱E-GANG。リニューアルオープンをして、1年を迎えた。
同店では、既製品だけでなく、オーダースーツも取り扱っている。生地などが自由に選べて、体形に合わせて細かく調整ができるので、自分だけのオリジナルスーツ・シャツを手に入れられる。
また同店は、オリジナルブランド「INDIVIDUAL5」を今年の7月に立ち上げた。トレンドを研究し、スタッフ全員でデザインを手掛ける。若者をターゲットにした、同店だけでしか手に入らないブランドだ。
前田さんは、「今後はオーダースーツを軸として、新しいものを追求し、顧客を増やしていきたい」と想いを語ってくれた。

ワンポイント情報

営業時間は10:00~19:00、年中無休で営業している。同店は実際に来店をして洋服を購入をしてもらいたいという想いから、「物でなく、人で売る」ことをモットーに、親身な接客を心がけている。また同店は、オーダースーツ、シャツの取り扱いも始めるなど、新しいことに積極的に取り組んでいる。

企業情報:
(株)E-GANG
   前田 和也 さん
福井市中央1-17-12
TEL.0776-29-0526
http://e-gang.co.jp/

 

KEⅰROW 福井北ステーション   チェンバー 平成27年10月号掲載

今年5月に開業したKEⅰROW福井北ステーション。自宅や、高齢者施設などへ直接訪問し、リハビリやマッサージを行っている。
同社の施術は、医師の同意があれば健康保険が適用されるため、1回当たりの自己負担額は300円から500円とかなり安い。また、介護保険とは異なるため、他の介護サービスを受けている場合でも、利用回数が減ることはないため、安心して利用できる。
また同社は、患者の身体の痛みを軽減させたり、筋力を向上させるため、施術中に気付いた事を医師やケアマネージャーへ報告するなど緊密な連携をとっている。
「訪問医療マッサージというサービスは、まだあまり知られていないので、その存在をもっと知ってもらい、利用者を増やしていきたい」と今後の抱負を語ってくれた。

ワンポイント情報

9:00~18:00の希望する時間帯に訪問可能で、定休日は土曜の午後と日曜日となっている。同社の施術は、リラックスをしたい患者にはマッサージ中心に、身体を動かしたい患者にはリハビリ中心にするなど、患者の要望に合わせて内容の変更が可能。また最初は無料体験で試すことができ、気に入れば手続きとなるため安心である。

企業情報:
KEⅰROW福井北ステーション
 代表  平野 義宏 さん
福井市高木中央2-2902 M1ビル1F南側
TEL.0120-658-916
http://keirow-fukuikita.com/

 

(有)国見製材所   チェンバー 平成27年9月号掲載

越前海岸沿いに会社を構える㈲国見製材所。現在は製材に加え、木の知識を活かして家具の製造も行っている。
同社の家具は全てオーダーメイドで、顧客の要望に合わせて作られている。使用する木材は県産材にこだわり、木目を活かしたシンプルであたたかみのあるデザインが特徴。木材のありのままの姿を大切にしている。
木材の状態や家具の仕上がりに日々細心の注意を払っている同社。常に顧客の気持ちを考えながらの家具作りを心掛け、家具を通して国見ブランド作りに励み、そのブランドを活かした国見地区の活性化に取り組んでいる。
「今後は、県産材を売り込んでいきたい。そのためには、たくさんある木の知識を活かし、木の良さをどんどんアピールしていく」と熱い想いを語ってくれた。

ワンポイント情報

同社では、通常の家具以外にも高級座卓も製造している。福井県産の桧板を使用し、漆と蒔絵の装飾により和室の空間を華やかにしてくれる逸品だ。また同社は現在、テーブルやイスなどの家具一式を統一したデザインで製造し、ブランドとして売り出すなどの新しい取り組みを考えている。

企業情報:
(有)国見製材所
 代表取締役  林 和真三 さん
福井市鮎川町108-1
TEL.0776-88-2235

 

みやがわ整体院   チェンバー 平成27年9月号掲載

身体の症状から的確なツボを探し、短時間で効果を実感できるツボ押し専門のみやがわ整体院。今年4月に、済生会病院の近くに開業した。
同院は施術後の揉み返しが出ないことを一番に心がけ、木曽ヒノキで作られた整体ベッドの香りと、鳥のさえずりや虫の声などの自然の音で満たされたこだわりの癒しの空間で日々施術に励んでいる。
また、整体が初めての方への配慮として、問診ではよく話を聞き出すよう努めている。どんな仕事をされているか、などの生活習慣は人それぞれ。その人に合ったセルフケアの提案を行うなど、患者目線で対応してくれる。
「現在は個人のお客様を中心に施術を行っていますが、今後は業務拡大でケアハウスなどの介護施設への訪問出張も行う予定」と今後の抱負を語ってくれた。

ワンポイント情報

営業時間は平日が9:00~19:00、土曜・祝日が9:00~17:00、日曜・月曜が定休日となっている。院長の裕史さんは以前自身の身体を故障した経験から、同じような苦しみを持つ人を一人でも多く良くしたいという想いから、開業を決意。患者目線の整体院づくりに励んでいる。

企業情報:
みやがわ整体院
 院長  宮川 裕史 さん
 副院長  宮川 有里 さん
福井市和田東2-1711 HASビル101号室
TEL.0776-88-2235
http://miyagawaseitaiin.jimdo.com/

 

(一社)伊自良の里振興協会   チェンバー 平成27年8月号掲載

福井市の上味見地域の地域づくりをしている(一社)伊自良の里振興協会。地域活性化のために、様々な取り組みを行っている。
同協会の活動の拠点は伊自良温泉。「脳卒中予防の湯」「美人の湯」として有名なこの温泉はリピーターも多く、年間3万人もの利用者がおり、県外のお客様も満足して帰られるほどの大好評ぶりだ。
また、2年前からNPO法人と協力して農業体験に力を入れて取り組んでいる。時期によっては一緒に田植えや稲刈りが体験でき、一般の方はもちろん、県外からも体験・宿泊に来る人がいるとのこと。
清水さんは「今後も県内外の若者、各種団体、行政と連携を図りながら、恵まれた自然や、歴史・文化を活かした地域づくりに積極的に取り組んでいきたい」と想いを語ってくれた。

ワンポイント情報

現在同協会は他にも、森林資源を利用した木質バイオマスエネルギーの活用に向けた取り組みや、自転車の車輪を利用したピコ発電で街頭の設置、また、砂防ダム等を利用した小水力発電により、災害時などに活用できる電力の創出など、自然環境の保全に向けた取り組みも行っている。

企業情報:
(一社)伊自良の里振興協会
 事務局長  清水 重勝 さん
福井市南野津又町19-46
TEL.0776-93-2040
http://www.mitene.or.jp/~ijira/

  

すすきクリーニング   チェンバー 平成27年8月号掲載

昔ながらの技術に新たな技術を融合して他にない仕上がりを日々目指す、すすきクリーニング。今年で創業68年を迎えた。
そんな同店のウリはウォータークリーニング。ドライクリーニングだけでは落ちない汚れを洗い落とせて、サッパリ感を得られることが特徴。宅配で利用できることもあり県外からの注文も多い。
また同店では、すそほつれ直しやキズ穴・虫くい穴の補修、ウエスト直しにすそ上げなど、洋服のリペア・リフォームのサービスも行っており、このサービスのみの利用もできる
「品物が喜ぶメンテナンスができるよう、これからも職人として技を磨いていきたい」と語る鈴木さん。大切な衣類のお手入れに悩まれている方は、一度同店に問い合せてみてはいかがだろうか。

ワンポイント情報

営業時間は平日が7:30~19:00、日曜・祝日が9:00~18:00で、毎週木曜が定休日となっている。ウォータークリーニングの技術供与を受けた店舗は全国でも2店舗のみ。鈴木さんは技術供与元で4年半の修業を終えた今でも、定期的に研修に通い、技術の更なる向上を目指している。

企業情報:
すすきクリーニング
 代表  鈴木 尚学 さん
福井市西木田3-6-14
TEL.0776-36-3455
http://www.susuki-cleaning.com/

 

トヨタL&F福井(株)   チェンバー 平成27年7月号掲載

トヨタL&F福井㈱は、平成元年の会社設立以来、北陸有数の設備と規模を武器に、県内企業の物流の現場で活躍するフォークリフト等の産業車両の販売・メンテナンスを営んでいる。
トヨタ製フォークリフトは販売台数で49年連続国内一位を記録しており、同社の県内シェアもトップクラスを誇る。
昨年6月に社長に就任した前原氏は「販売とサービスの連携」をスローガンに掲げ、40名超のスタッフとともに“地域一番の物流ドクター”を目指し陣頭指揮を執る。
会社設立以来の同社の強みがアフターサービスの迅速さだ。産業車両は企業における生産設備に等しく、故障が長引けば生産が停滞する。同社は、修理エンジニアが専用機材、機器、発電機まで備えたメンテナンスカーで現場に急行し、トラブルを解決する頼もしい存在である。産業車両の修理・メンテナンスは、同社に任せれば力となってくれるに違いない。

ワンポイント情報

営業時間は8:50~17:30、日曜・祝日と土曜の一部が定休日となっている。最近はフォークリフトも燃費や安全性、環境性能が重要視されており、自動車開発で培った技術を有する同社の製品は、これらの性能も非常に高いのが特徴である。

企業情報:
トヨタL&F福井(株)
 代表取締役  前原 博 さん
福井市今市町38-10
TEL.0776-38-0018
http://www.toyota-lf.com/dealers/fukui/
  

浜町安文本店   チェンバー 平成27年7月号掲載

戦前から営業をしている浜町安文酒店。配達メインの営業から、来店した顧客にも対応できる営業にするため店舗を改築、今年の4月にリニューアルオープンした。
同店にはお土産やギフト用など、様々な要望に対応できるよう、県内のお酒はもちろん、県外で末定さんが厳選したお酒も揃っている。また、その場に用意されていないお酒でも、顧客の要望があれば出来る限り応えられるよう日々心がけているそうだ。
そんな同店一押しの商品は、3年前から浜町のまちづくり会と加藤吉平商店で作っているかすみにごり生原酒「浜町春霞」と、桜の酵母から作られている「こみちこまち浜町」。どちらも浜町でしか飲めないお酒で、購入は同店でのみ可能だ。
「今後10年、20年と更に長くお店を続けていきたい。そのためには、お客様に満足してもらえるように、要望にはどんどん応えていく。」と想いを語ってくれた。

ワンポイント情報

営業時間は10:00~18:00、毎週日曜・祝日が定休日となっている。そんな同店では4月にワークショップを開催し、参加者から大好評だったとのこと。現在も長年カクテルを作り続けている人を呼んでのカクテルパーティーなど、様々なイベントを企画中だ。

企業情報:
浜町安文本店
 4代目  末定 伸 さん
福井市中央3-3-15
TEL.0776-21-4632

カイロクリニカルサロン SO~LA   チェンバー 平成27年6月号掲載

マンションの1階に店舗を構えるカイロクリニカルサロンSO~RA。全国健康生活普及会が主催する上級カイロ事業セミナーで最も良い成績をとったのを機に、現在のサロンを開業した。
同サロンでは、早く、確実に結果が出せるように、患者への丁寧なカウンセリングを欠かさず行う。また、患者にとって居心地が良く、通っていて楽しいサロンであるため、親身に接するよう心掛けている。
また、「食事は心に大きな影響を与える。前向きなれる上に、目の輝きも変わってくる」と話す大野さんは現在、薬膳マイスターの資格を生かし、食育セミナーの開催や、様々な企業とのコラボ企画などを考えている。
「いずれは健康講座を全ての方にできるようにレベルアップし、患者さんに選ばれるような先生になりたい。そのためには、毎日楽しみながらも、For Youの気持ちを忘れずに励んでいきたい」と熱く語ってくれた。

ワンポイント情報

営業時間は9:00~21:00、予約は20:00まで、定休日は毎週日曜・祝日で、完全予約制。火曜・金曜のみエステも行っている。女性だけでなく、男性の患者様も大歓迎とのこと。そんあ同サロンでは、服を着たままできるエステなど、美容スペシャルセミナーがウリだ。

企業情報:
カイロクリニカルサロン SO~LA
 代表  大野 佳子 さん
福井市二の宮2-27-3 E・アミューズS1F
TEL.0776-63-6194
  

オフィス・サカグチ   チェンバー 平成27年6月号掲載

今日の最大の経営課題は売上の維持・拡大。特に地域のマーケットを対象に商売を行う小規模企業は、競争がますます激化し、生き残りをかけて必死である。
地域密着の企業の方々を支援するため、全国にネットワークを持つ日本ビジネスプロモーション協会と連携し、売上アップ事業を本格化させている。
元々はデザイナー出身の坂口さん。成熟社会を迎えて今後一層、デザイン力や表現力、情報発信力が経営の鍵を握ると考えている。売上へつなげるための集客コンサルタントとして、県内の有志と連携し、まずは成果報酬型の契約スタイルで、地元小規模企業の経営支援を行っている。
また坂口さんは「アートなまちづくり」を掲げ、地元鯖江への地域貢献活動を積極的に展開している。「地域の繁栄は地元密着企業の存続発展です」とその信念を熱く語ってくれた。

ワンポイント情報

代表の坂口さんは、医療関連のNPO活動(がん患者への支援)も行っている。まちづくり、社会的弱者への救済など幅広く活動、地域になくてはならない人材となっている。

企業情報:
オフィス・サカグチ
 代表  坂口 泰広 さん
鯖江市旭町1-6-5
TEL.0778-51-8639
  

美容室 幸愛   チェンバー 平成27年5月号掲載

閑静な住宅街に店舗を置く美容室 幸愛。平成26年3月に独立開業し、オープン1周年を迎えた。
「和モダン」がテーマの店内は、細部にまで下永さんのこだわりが光る。広々とした内装や、施術をする際に正面に見える庭などは、他の美容室ではなかなか見られない。日常を忘れてゆっくりリラックスできる空間となっている。
そんな同店のオススメメニューは、パーマとカラー。水分補給をしながらの施術のため、髪に痛みが出にくくなっている。また、肌が弱い人に対応したシャンプーを使用したり、施術前には髪についての悩みや気になることを聞き、それらをできる限り解決できるよう努めるなど、顧客一人一人のことを考え丁寧に対応している。
下永さんは現在メイクやネイルなどを勉強している。「今はヘアメイクのみの対応となっているが、いずれはお客様をトータルでキレイにできるようサービスの幅を広げていきたい」と語ってくれた。

ワンポイント情報

営業時間は10:00~18:00、毎週月曜日と第3日曜日が定休日となっている。広々とした店内の一角では、子供服やアクセサリーなどの雑貨や化粧品の販売も行っており、待ち時間も退屈せず過ごすことができる。

企業情報:
美容室 幸愛
 代表  下永 由美 さん
福井市漆原町12-38
TEL.0776-63-5210
  

ラ・メール オーカベ (株)大壁羽山堂   チェンバー 平成27年5月号掲載

創業100年の歴史を誇る老舗菓子店のラ・メール オーカベ。長い歴史を持つ同店では、毎日多くの和洋菓子が販売されている。
3代目店主の大壁さんは、和菓子の代名詞であるまんじゅうの餡にバターを加え洋菓子のテイストを取り入れるなど、固定観念にとらわれず、より美味しいお菓子を作るため日々励んでいる。また、ショーケースには、福井県産コシヒカリの米粉を使用したバームクーヘンなど県産素材を活かした福井ならではの商品も数多く並ぶ。
そんな同店の看板商品の一つがアップルパイ。一般的なものと比べ、パイの背が高く独特の形が印象的だ。夏はバターが溶けやすくパイの高さが出にくいため、冷蔵室の中で作るなど独自の工夫を施す。
大壁さんは「3代目となって約30年経つがまだまだ修行中。納得のいくお菓子が作れるように、日々努力していきたい」と想いを語った。

ワンポイント情報

営業時間は8:00~19:30、元旦を除いて1年中営業している。店内では、家庭用はもちろん贈答用や祝菓子など、幅広く販売している。また、同店のお菓子は自然由来成分であるオリゴ糖などを使用しているため、低カロリーで糖分を気にされる方にもオススメ。

企業情報:
ラ・メール オーカベ
 3代目  大壁 常豊 さん
福井市毛矢3-5-21
TEL.0776-36-0130
  

さっちゃんのママ   チェンバー 平成27年4月号掲載

昨年7月に移転リニューアルオープンしたさっちゃんのママ。店内にイートインスペースを併設し、出来立てのスイーツがその場で味わえる。「色々な人が集える場所を提供したい、そこに美味しいスイーツがあればもっと喜んでもらえるのでは」という、オーナーの吉村さんの思いが込められたお店である。
看板メニューのロールケーキは、素材の味をそのまま楽しむことができ、あっさりとした生クリームともマッチし、幅広い年齢層から親しまれる味となっている。また、小さなケーキが10個セットになったプチフールは、色々な味が一度に楽しめるとあって、贈答用としても非常に喜ばれている。
ランチメニューで提供されるパンケーキもケーキ屋ならではで、フルーツとドリンクのセットで大満足のボリュームである。
店内は吹き抜けの二階建てで天井も高く、開放的な雰囲気。つい長居してしまいそうなお店だ。

ワンポイント情報

営業時間は11:00~19:20、毎週水曜日と第2木曜日が定休日となっている。席数は約40席と多いが、土日はランチのパンケーキを目当てに来店するお客が多いため、お昼より少し早めの来店が吉。小さなお子様連れのお客様も入店できるとあって、女性から特に高い支持を得ている。

企業情報:
さっちゃんのママ
 代表  吉村 美幸 さん
福井市羽水2-122
TEL.0776-33-2268
  

福井中央観光(株)   チェンバー 平成27年4月号掲載

貸切バス事業をスタートし、昨年10周年を迎えた福井中央観光(株)。顧客に少しでも気持ちよく、楽しく旅行していただくことをモットーに、日々業務に励んでいる。
同社の一押しは、県内では同社のみが導入しているスーパーハイデッカー。スーパーハイデッカーとは、客席床をかさ上げすることでタイヤハウスの出っ張りを無くし視界を良くしたバスのことで、乗り心地も最高だ。また、テレビやDVDの視聴はもちろん、バス内にはお湯が沸かせるホットポットがあったり、冷たい生ビールが飲めるビアサーバーの貸出しがあるなどサービス満点である。旅行を思う存分楽しむのにピッタリだ。
社長の吉田さんは「これからも社員一人一人が顧客満足度を高める努力を怠らず、サービス向上に励んでいく。そして、お客様に選んで良かったと思ってもらえるバス会社を目指していきたい」と熱い思いを語ってくれた。

ワンポイント情報

同社は、日本バス協会より安全性の高いバス会社の証拠でる「SAFETY BUS」の認定を受けている。そんな同社では平成25年9月に運輸業界内で初めてドライバーの健康管理に携帯型心電図計測器を導入した。バスの安全性が注目される現在、安全性向上に日々取り組んでいる同社のバスで、楽しい旅を!!

企業情報:
福井中央観光(株)
 代表取締役  吉田 周司 さん
福井市八重巻町16-14-1
TEL.0776-56-8877
http://www.fukuichuoh-kanko.com/
  

(株)アジチファーム   チェンバー 平成27年3月号掲載

農作物の生産だけにとどまらず、加工や販売・サービスを展開し、農業の六次産業化うぃ積極的に行っている(株)アジチファーム。3年前には農作物やその加工品を提供する食堂・直売所として「アグリスタイルほやほや」をオープンした。
県内では数少ない経営スタイルをとり、様々な取り組みにチャレンジする同社は、今年から国や県と連携して、日本で初めてGPSが内臓された無人で動くトラクターの実証実験を行う。無人のため24時間稼働させることができ、運用次第で生産能力が7倍にもなるため、革新的な取り組みである。
また、「自分にしかできない新しいことをしなければならない」と考える同社は現在、北陸新幹線開業を見据え、農業の視察等の受入れをビジネスとして取り組んでいる。義元さんは「今は新しいことをしなければ生き残っていけない。今後も変化を恐れず挑戦し、進化させていきたい。」と語った。

ワンポイント情報

「アグリスタイルほやほや」の営業時間は直売所は9:00~18:00、食堂は11:00~14:00(ラストオーダー)で、毎週水曜日が定休日となっている。食堂では、旬の食材をふんだんに使ったランチやスイーツが楽しめる。直売所では、米粉を使ったパンや農作物、弁当などを販売している。

企業情報:
(株)アジチファーム
 代表取締役  義元 孝司 さん
福井市黒丸町10-16-1
TEL.0776-29-7686
『アジチファーム』で検索!
  

よつばcafe   チェンバー 平成27年3月号掲載

福井市のよつばcafeが今年開業8周年を迎えた。店の入口から店内に至るまで緑がふんだんに使われ、来店客を優しく出迎える。
「四つ葉のクローバーは幸せな気持ちになってほしい」という西浦さんの思いが店名の由来となっている。
看板メニューのランチは優しい味の和食が中心で、主菜・副菜が選べて、ボリュームも満点。ドリンクやデザートは定番メニューの他に、季節ごとに期間限定メニューを提供。いつでも旬の味わいを楽しむことが出来る。
店奥のキッズルームは個室なので子供が騒いでも周囲を気にすることなく、小さなお子様を持つ女性でもゆっくり食事やお喋りを楽しむことができる。
一人でゆっくりコーヒーやデザートを味わうも良し、友達を連れてランチを楽しむも良し。あなたにとって最高に幸せな時間が訪れること間違いなし!

ワンポイント情報

営業時間は月~木が9:00~20:00、金・土が9:00~22:00、毎週日曜日が定休日となっている。店舗裏側が駐車場となっており、店内にはテーブル席、カウンター席がある。キッズルームは予約優先となっており、特にランチタイムは混みあうため早めの予約がおすすめだ。

企業情報:
よつばcafe
 代表  西浦 里味 さん
福井市渕4-1815
TEL.0776-34-0717
  

(株)秀建 福井支店   チェンバー 平成27年2月号掲載

金属製建具を製造している(株)秀建。「製造の際に出る鉄の端材を利用して雑貨を作ってみよう」という声をきっかけに、「291アイアンワークス」というブランドを平成24年に立ち上げた。
同ブランドの商品には看板や収納ボックスなど様々あり、希望のサイズへ変更はもちろん、設計から関わることが可能。また、色は基本の14色に加え、わざと鉄を錆びさせ、その風合いを楽しめる同社独自の技術「ラスト加工」も選べるため、オリジナルの雑貨を手に入れることができる。
また同社は現在、ブランド戦略で有名なデザイナーとコラボした商品の開発も行っている。顧客に「欲しい」「便利だ」と思ってもらえる商品を増やしていく予定だ。
前田さんは「『重い』『錆びる』という鉄の価値観を変え、親しまれるデザインの商品を作りたい。まずは全国に展開し、いずれは世界にまで広げていけたらと考えている」と熱く語った。

ワンポイント情報

使用しなくなった同社の鉄製品は、同社に送れば溶かして新たな商品の材料として再利用してくれるため、ムダがなく環境に優しい。また、製造の際には触った時にケガをしないように、しっかりと処理を施すよう心掛けている。

企業情報:
(株)秀建 福井支店
 代表取締役  前田 尚宏 さん
福井市定正町514
TEL.0776-56-2918
『291アイアンワークス』で検索!
  

Hawaian Cafe 'olu 'olu   チェンバー 平成27年2月号掲載

「他にはない個性的なお店をやりたい」と考えた代表の小林さんが、自分が大好きなハワイの海をテーマに平成17年にオープンしたハワイアンカフェ オルオル。店名のオルオルはハワイ語で“安らぎ”を意味する。店内には、ハワイ州旗やサーフボードを加工して作ったテーブル、木製のインテリアなどが並び、本場南国リゾートの雰囲気があふれる。
小林さんは、仕事の合間を縫って毎年必ずハワイに足を運び、本場の味を自分の舌で確かめ、それをもとにメニューの開発を行っている。店内では、ロコモコやマヒマヒをはじめ、数多くのハワイアンフードを提供している。ドリンクの種類も豊富で、ボリューム満点のハンバーガーや女性に大人気のパンケーキなどのスイーツは同店の看板メニューの一つ。
常夏のハワイにいるような、ゆっくる流れる落ち着いた時間を、親しい友人と共に楽しむピッタリのお店だ。

ワンポイント情報

営業時間は18:00~24:00(土曜日は18:00~25:00)、毎週水曜日が定休日となっている。夜景が望めるテラス席やDJブースも完備しており、結婚式の二次会や貸切パーティーなどにも最適。いつもとは一味違う雰囲気の中で盛り上がること間違いなし。

企業情報:
Hawaian Cafe 'olu 'olu
 代表  小林 章夫 さん
福井市開発5-1119
TEL.0776-52-5500
  

コマドリ エルパ店   チェンバー 平成27年新年号掲載

コマドリエルパ店は婦人向け衣料のセレクトショップ。今の季節、店内にはお洒落で機能性にあふれた冬物衣料が数多く並ぶ。
ゼネラルマネージャーの野路さんは大学卒業後、ファッションの伝統と文化を肌で感じるためにイギリスへ留学。帰国後は競争率数百倍という狭き門を突破し、国内アパレル最大手のユナイテッドアローズに入社。在職中は旗艦店の販売員としてセンスを磨くとともに、新規店の立ち上げにも参画。
同社退職後は、その経験を活かし現在の店舗運営を総括。福井商工会議所の「販促ワクワクミーティング」で学んだ情報発信の大切さを意識し、日々のブログ更新も欠かさない。野路さんは「ブランド偏重ではなく、お客様一人一人の生活シーンにあった洋服を着るのが本物のお洒落。お客様に洋服を、そしてスタッフとの会話を楽しんでもらえるようなお手伝いをしていきたい」とファッションにかける情熱を熱く語る。

ワンポイント情報

営業時間は10:00~20:00。同店では現在レディース衣料を専門に扱っているが、お客様からのリクエストもあり、将来的には男性のドレススタイルのプロデュースも検討中。ブログでは、実生活で実際にできる分かりやすいコーディネートを写真付きで紹介しているので要チェックだ。

企業情報:
コマドリ エルパ店((株)こまどり)
 ゼネラルマネージャー  野路 純平 さん
福井市大和田2-1212 エルパ2F
TEL.0776-57-2636
『こまどり 福井』で検索!
  

古村醤油   チェンバー 平成27年新年号掲載

江戸時代末期から200年、醤油造りの技を継承する古村醤油。明治41年に4代目店主が金沢から福井に移り住んでからの約100年間、福井で醤油や味噌を造り続けている。
同店では、越前がにの茹で汁を使った「だし醤油」や、福井県産の厳選素材を使用したかけ醤油「越の一滴」、2年間じっくりと自然発酵させた「田舎みそ」など、様々な商品を製造・販売している。
顧客により良い商品を届けるために、同店が特にこだわるのが「味」「色」「香り」の3点。また、安心・安全な商品をお届けするために、製造工場内は常に清潔さを保つよう配慮を怠らない。そのこだわりから造られる商品には根強いファンが多く、県外から買い求める顧客も多い。
「今後も基本の味を大切にしつつ、新商品開発にも取り組みたい。県内外問わず多くの人に、当店こだわりの味を知ってほしい」と6代目店主は力強く語った。

ワンポイント情報

営業時間は9:00~19:00、定休日は日曜・祭日となっている。現在は店頭販売だけでなく、全国的に販路を拡大するためネット販売も行っており、毎日のように各地から注文が入る反響ぶりとなっている。様々な商品が揃っている同店のHPを一度ご覧いただきたい。

企業情報:
古村醤油
 5代目店主  古村 喜正 さん
福井市西木田2-6-28
TEL.0776-36-0215
http://www.higeko.com/
  

イル・ボスコ   チェンバー 平成26年11月号掲載

今年でオープン5年目を迎えるイル・ボスコ。地元福井でとれた新鮮な野菜や魚介類と、本場イタリアの輸入食材をふんだんに使った料理が評判のお店である。
中でもディナーは、前菜、パスタ、ピザ、メイン料理の取り分けコースが人気。毎朝焼き上げる自家製フォカッチャ(イタリアのパン)はおかわり自由で、デザートとドリンクもついて文句なしのボリュームに満足間違いなし。平日限定のランチは30食限定だが、お手頃な価格でこちらも大人気となっている。
また、同店は歓送迎会や結婚式の二次会といった団体での予約も可能で、人数や予算に応じた最適なプランを提案してくれる。
オーナーシェフの森本さんは料理において「子供から年配の方まで皆に喜ばれる味」にこだわる。平日・土日を問わず多くのお客で賑わう同店、満席になることも多いので、訪れる前に予約を入れることをおすすめしたい。

ワンポイント情報

営業時間は11:30~14:00LO、18:00~23:30LO(日祝は18:00~22:00LO)で、毎週月曜(月曜日が祝日の場合は翌日)が定休日となっている。平日の限定ランチはサラダ、パスタ、メイン料理にドリンク・パンがついて1,100円。またお客様の要望から実現したイタリア料理の講習会は、女性を中心に大人気。月1回開催で申込みは先着順、詳しくはホームページをチェック!

企業情報:
イル・ボスコ
 オーナーシェフ  森本 静一 さん
福井市二の宮3-13-23
TEL.0776-97-8860
http://ilbosco.p-kit.com/
  

津軽三味線 重造会   チェンバー 平成26年11月号掲載

撥(ばち)を叩きつけるように弾く打楽器的奏法とテンポの速さが特徴の津軽三味線。重造会は全国に6つの拠点(教室)を持つ重造流の総本部である。
10歳から父(二代目今重造)の指導の下、津軽三味線を習い始めた佐藤さんは、一時は一般企業に就職。その後30歳で心機一転、本格的に三味線の道を歩き始めた。
偉大な父を持つことからくる周囲の評価や、目に見えないプレッシャーをはねのけ、平成23年には見事津軽三味線日本一のタイトルを獲得。周囲にその実力を示した。「手にする楽器が津軽三味線であるだけでなく、奏でる旋律が津軽であることを常に意識している」と語る。最近では津軽三味線の知名度が上がり各方面からも引っ張りだこで、県内外での演奏会や一門の出稽古など精力的に飛び回っている。津軽生まれの福井育ちとして、地元福井でも若手の育成に取り組んでおり、興味のある方は是非お問い合わせいただきたい。

ワンポイント情報

佐藤さんが津軽三味線日本一のタイトルをとった平成23年、東北地方で東日本大震災が発生。その際「演奏家として少しでもお役にたちたい」と、ボランティアで被災地を訪問し演奏会を行った。今でも当時の現地の様子、演奏会での人の涙を忘れることが出来ないという。

企業情報:
津軽三味線 重造会
 副会主  佐藤 壽治 さん
福井市田原3-20-25
TEL.0776-54-0706
http://homepage3.nifty.com/jyuzokai/
  

(株)シーロード   チェンバー 平成26年10月号掲載

福井市の山間に約8万m²のなつめ農園をもつ(株)シーロード。韓国でなつめの魅力に触れ、「なつめで福井を活性化したい」という熱い思いのもと、栽培を開始した。
なつめは、カリウムや亜鉛などの栄養素が豊富で、美容や健康に良く、生の果実はりんごのような食感でとても甘い。このなつめを抽出濃縮した同社で一番人気商品の『なつめエキス』は、国産で無添加の物は珍しいため、完売になるほどの評判である。
現在は、1年を通じて提供できるお菓子を開発したり、なつめの木のチップを使用した陶芸品や染物を作るなど、新しい挑戦を続けている。また、県や市の補助事業でなつめの歴史を調べてパネルにするなど、普及活動も行っている。
『日本でなつめの知名度を上げ、多くの人に栄養素の高さなど、良さを知ってほしい』と熱い思いを語る海道さん。魅力的な商品が数多く紹介された同社のホームページをぜひご覧頂きたい。

ワンポイント情報

同社はHP『なつめ屋ダイレクト』でネット販売を行っており、気軽になつめ商品を購入することができる。取扱商品にはできる限り福井県産の農産品を使用して、福井の企業と共同で開発したり、無添加で商品を製造するなど、強いこだわりが見られる。

企業情報:
(株)シーロード
 取締役  海道 洋子 さん
福井市小幡町7-5-1
TEL.0776-85-7785
http://natsumeya-direct.biz/
  

吉田技研   チェンバー 平成26年10月号掲載

福井市にある吉田技研は、創業して約30年間、機械設計企画を主として、建築設計以外の全てに挑戦し、製作管理、見積、受注業者選定と紹介などのトータルサポートを行ってきた。その当社が、昨年10月にお寺の本堂垂れ幕昇降装置を開発した。
従来、この垂れ幕ははしごや脚立などを使用して取り付けをしていた。しかし、本堂の高さは4~5mあり、転落などの危険が伴う。その危険を回避するため、半年の歳月をかけ、この昇降装置を開発した。
この装置はステンレスやアルミ、特殊樹脂製の為、錆びにくく丈夫で長持ち。さらに工事期間も約1週間ほどで、1つ1つオーダーメイドのため、どのようなお寺にも対応可能とお寺のことを考えた設計となっている。
吉田さんは「今後は福井を中心に、北陸三県にこの昇降装置をどんどん広めていきたい」と語ってくれた。

ワンポイント情報

「顧客に喜んでもらえるもの」「手入れに手間のかからないもの」を心がけ、他の会社では開発していないものを開発している当社。顧客のニーズに合わせて、意欲的に開発を行っている。今回の昇降装置も、転落の危険を回避したいという声があり、開発に至った。

企業情報:
吉田技研
 代表  吉田 良作 さん
福井市幾久町7-16
TEL.0776-21-8533
  

Box Style   チェンバー 平成26年9月号掲載

エルパプラス2階に店舗を構えるBox Styleは、第20代WBA世界スーパーフライ級王者である清水さんがプロデュースする北陸でも数少ない本格的なボクシングスタジオ。プロから一般、子ども、高齢の方まで、幅広い方々が本格的なボクシングを楽しむことができる。
同スタジオではボクシングはもちろん、多くの方々が楽しめるように様々なプログラムが用意されている。そのなかでも、一番人気のあるプログラムは『BOXビート』。体の使い方を意識しながら、パンチや体重移動など本格的なボクシングの動きを音楽に合わせて行う。
「これからもボクササイズのイベントを通して楽しさを知ってもらい、『怖い』という考えを取り払うことでボクササイズをより広めていきたい」と語る清水さん。無料見学会もあるので、興味のある方は一度スタジオまで足を運んでみてはいかがだろうか。

ワンポイント情報

営業時間は11:00~22:00(日曜日は18:00まで)、毎週水曜日が休館日となっている。同スタジオは、『誰でも楽しめるジム』『普段の活力になるように』をコンセプトに、会員に少しでも楽しんでもらい、笑顔で目標を達成できるよう日々心がけている。清水さんにマンツーマンでトレーニングの指導をしてもらえるプログラムも用意されている。

企業情報:
Box Style (株)ボックス・スタイル
 代表取締役  清水 智信 さん
福井市大和田町2-418 エルパプラス2F
TEL.0776-50-1123
http://www.boxstyle.jp/
  

(株)吉光工業   チェンバー 平成26年9月号掲載

福井市の(株)吉光工業は屋根・外壁・雨樋の工事店として50年以上の業歴を持つ。瓦屋根はもちろん、コロニアル屋根の点検・修理事例も多いのが特徴で、屋根の状態を細かく確認した上で、家にとってベストな補修内容を提案している。
同社では太陽光発電も取り扱っている。金属屋根の場合、屋根に穴をあけない設置工法や、積雪・落雪のことを考えたレイアウトなど、屋根工事業の視点と経験を活かした提案を心掛けている。
また最近では、遮熱材リフレクティックスによる遮熱リフォームに力を入れている。リフレクティックスは驚異の省エネ率63%で空調費を大幅に節約することができ、福井地区代理店である同社への問い合わせも増えている。
「よりよい解決策を常に考えること、働きやすい職場作りと自社職人による責任施工に力を入れています」と語る吉田さん。建物の外回りに関する調査・提案・見積りは無料とのことでお気軽にお問い合わせいただきたい。

ワンポイント情報

大手ハウスメーカーで業務に従事した後、同社の三代目として現場に携わる吉田さん。ホームページやブログを活用して、若手社員と共に日々の現場のことや商品知識などを提供することで、困った時に相談しやすい、顔の見える工事店を目指している。

企業情報:
(株)吉光工業
 代表取締役社長  吉田 知志 さん
福井市高木中央2-510
TEL.0776-54-0706
http://www.4432.co.jp/
  

(株)福井製作所   チェンバー 平成26年8月号掲載

創業昭和元年の老舗ボイラー会社である(株)福井製作所。同社は新品のエアコンやボイラーの製造・販売だけでなく環境保護のために中古品のリユースを積極的に勧めている。
現在、同社では独自のペレット焚ボイラーの開発にも力を入れている。ペレット焚ボイラーとは間伐材を利用して作られたペレット材を燃料とするボイラーで、森林バイオマスを使ったクリーンエネルギー技術は、福井のみならず全国各地で注目されている。
また、過去には「へしこを早く熟成させる装置」や「水ようかんの量産機」を開発したり、西部緑地道公園にステンレス製のモニュメントを作製したりと、エアコンやボイラーだけにとどまらず、顧客の要望に合わせた様々な開発・製造実績をもつ。
中川社長は「これからも新しい発想で、お客様の困りごとを解決する商品開発にチャレンジしたい」と語ってくれた。

ワンポイント情報

同社は高温・低温、高圧力・低圧力に関する機器の製造・販売をしているとこが強み。また、顧客の予算や要望に合わせて機器を提案・販売し、万全のアフターサービスも行っている。環境保護のため、新品・中古品ともに燃料の使用量が少ない真空式のボイラーを取り扱っている。

企業情報:
(株)福井製作所
 代表取締役社長  中川 芳男 さん
福井市高木中央1-1016
TEL.0776-53-2650
http://www.fukui-ss.com
     

福井中央魚市(株)   チェンバー 平成26年8月号掲載

鮮魚卸売大手の福井中央魚市(株)がプロデュースするお取り寄せサイト「喜々口福(ききこうふく)」では、魚のことを知り尽くしたプロが国内外各地から取り寄せ、実際に食べてみて「これは旨い!」と太鼓判を押す厳選商品を紹介している。
食材の特徴やオススメの食べ方、旬の時期などがホームページ上のコラムで紹介されており、プロならではの配慮が光る。
「魚も野菜と同じく旬の時期というものがあります。漁獲量や価格面の関係で一般のスーパーには流通されにくい、本当に美味しい魚の味をご家庭で気軽に楽しんでいただければと思います」と語るのは、サイトの運営管理を担当する開発部の川野さんと松浦さん。
今後は定番商品や旬の食材のバリエーションの充実を図ると共に、忙しい家庭の主婦向けの「自宅で冷凍保存できるおいしい魚」商品をラインナップする予定。是非一度サイトにアクセスし、厳選商品の内容をチェックしてほしい。
「喜々口福(ききこうふく)」 http://kikikofuku.jp/

ワンポイント情報

この記事を読まれた方だけに朗報!サイトで会員登録後、商品を注文いただき、注文者情報ページのコメント欄に「会報誌を見た」旨をご入力いただいた方には、同社おすすめの商品をもれなく一つプレゼント!この機会をお見逃しなく!

企業情報:
福井中央魚市(株)
 開発部  川野やよい さん・松浦佳奈子 さん
福井市大和田1-101
TEL.0776-53-9955
http://kikikofuku.jp/
     

(有)小倉金物   チェンバー 平成26年7月号掲載

江戸末期創業の(有)小倉金物は、平成10年頃の新社屋完成後ストックヤードとして活用していた旧社屋を6月にリニューアルし、通りに面した一部をギャラリースペースとしてオープンした。元は同社の社長が実家のある朝倉氏遺跡近くで発掘した品物の展示場所として設けたものだが、県内で活動する作家の方にもこのスペースを活用してもらえればと考えている。
この建物は大正12年につくられた鉄筋コンクリート製で、戦災・震災を生き延びた市内でも数少ない建造物である。直方体を基調とし、左右対称なデザインと、一面の白い壁が一際目を引く。
同社の近くには足羽川が流れ、河原の桜並木は散歩コースにもなっている。「誰でも気軽に立ち寄れるギャラリースペースが街の賑わいづくりに役立てば嬉しい」と小倉さんは語る。貸出時期や費用等については応相談とのことで、気になる方は一度問い合わせしてみてはいかがだろうか。

ワンポイント情報

大正12年につくられた旧社屋は、アーチつきの縦長窓が特徴的で歴史を感じさせる。建物内部は、開放感溢れる高い天井と白壁が眩しいギャラリースペースとなっている。
同社の基礎を築いた小倉さんの曽祖父は、武家の三男に生まれ実業家に転身し、明治維新の立役者であった由利公正とも交流をもった名士。「商売だけでなく地域に役立つことがしたい」という熱い思いは曾孫である小倉さんにも受け継がれている。

企業情報:
(有)小倉金物
 担当   小倉 和子 さん
福井市つくも1-4-14
TEL.0776-36-1633
     

リストランテ MANNA 萬那   チェンバー 平成26年7月号掲載

全国有数の音楽施設、ハーモニーホールふくいの敷地内の一角にあるリストランテMANNAをご存じだろうか。平成22年9月にオープンした同店は、福井有数の開放的な雰囲気とロケーションが自慢のお店である。
店内には心地よいBGMが流れ、ゆったりと食事を楽しむのに最適。また、毎週月曜日のランチでは、ハープ、毎週金曜日のディナーでは様々な楽器の生演奏を聴くことができる。
さらに同店ではこの時期、ビアテラスをオープンしている。事前予約なしでも来店可能で、お酒以外にソフトドリンクの飲み放題もあるため、お酒が飲めない方でも心地よい風と音楽を感じながら存分にイタリアンが楽しめる。この夏大注目のスポットだ。
店長の栗波さんは「今後は音楽イベントなど、空間をうまく利用して幅を広げた営業をする予定で、少しでも多くの方にご来店いただきたい」と語った。

ワンポイント情報

営業時間は11:00~22:00(ラストオーダー21:30)、毎週火曜日が定休日となっている。正面にハーモニーホールを見渡す絶好のロケーションは、昼と夜で全く違う雰囲気を演出する。店内は50人まで収容可能で、結婚式の二次会など、イベントにも対応可能。

企業情報:
リストランテ MANNA 萬那 (㈲萬谷)
 店長  栗波 洋輔 さん
福井市今市町40-1-1
ハーモニーホール敷地内
TEL.0776-63-6460
     

浪花一丁(㈲米穀屋シマサキ)   チェンバー 平成26年6月号掲載

JR森田駅からほど近く、フェニックス通り沿いを春江方面に走ると、右手にひときわ目立つ看板が見える。浪花一丁は昨年5月にオープンしたお店で、お好み焼きやたこ焼きなどの粉ものと、豊富な一品料理メニューが楽しめる。
同店のお好み焼きは、お客が自分で焼くのではなく、お店で焼いてくれる。同店自慢の一品料理をつまみに冷たいビールを楽しんでいると最高の焼き加減で提供してくれる按配だ。ソースや粉など味を左右する食材は全て本場大阪から仕入れるこだわり。薄く伸ばした生地の上に具をのせて焼いたタイプのねぎ焼き・洋食焼きは県内でもなかなかお目にかかれない。
お好み焼きは500円から、ハイボールも一杯280円とリーズナブルなのも見逃せない。
オープンから1年を迎え、嶋﨑さんは「これからも地元のお客様に愛される店づくりを心掛けたいです」と笑顔で抱負を語ってくれた。

ワンポイント情報

営業時間は11:30~23:00(ラストオーダー22:00)毎週水曜日が定休日となっている。店内はカウンターとボックス席で最大36名まで収容可能。お好み焼きやたこ焼きはテイクアウトもできるので、前もって注文しておけばアツアツを自宅でも味わえる。

企業情報:
浪花一丁 ((有)米穀屋シマサキ)
 代表取締役  嶋﨑 貴人 さん
〒910-0147 福井市下森田町6-7-5
TEL.0776-56-2772
  

歴博茶房 ときめふる、カフヱー。   チェンバー 平成26年6月号掲載

福井市の福井県立歴史博物館の一角に今年4月、「歴博茶房 ときめぐる、カフヱー。」がオープンした。こちは福井市のカフェ「たねと、はっぱ。」の姉妹店でもある。
代表を務める後藤さんは、朝倉氏遺跡関連のイベント企画に携わったのが縁でカフェの公募に応じ、今回の出店に至った。子供連れでも気軽に入れる雰囲気の店内は調度品を茶色で統一し、本棚には歴史小説が並ぶ。
店内では、福井県産の六条大麦を使った種類豊富な手作りパンとデザートメニューが楽しめ、食材も福井県産にこだわって使う。特に大麦を炒って作ったおちらし粉を使った「おちらしソフト」は甘香ばしくてオススメだ。
「福井の歴史は他県に誇れる素晴らしいもの。歴史好きの方々が気軽に集える場所になってくれれば嬉しい」と語る後藤さん。
今の時期は店の外に講演の緑が映える。郷土の歴史に思いを巡らせるにはピッタリの場所だ。

ワンポイント情報

営業時間は9:00~17:00、原則第2・第4水曜日が定休日となっている。店内はガラス越しに明るい日差しと木々の緑が印象的な広々とした空間となっている。後藤さんの愛読書は「朝倉家の家訓」。好きな歴史上の人物は朝倉家三代に仕え武名を各地に轟かせた朝倉宗滴という筋金入りの“歴女”で、歴史好きが集うサークル活動も行っている。

企業情報:
歴博茶房 ときめぐる、カフヱー。
 代表  後藤 ひろみ さん
〒910-0016 福井市大宮2-19-15
県立歴史博物館内
TEL.0776-22-0014
     

ナポリ   チェンバー 平成26年5月号掲載

あんかけスパゲティは名古屋が 誇るB級グルメの定番メニュー。 福井市のナポリは、北陸で唯一あ んかけスパゲティが食べられるお 店として連日賑わっている。
もともと店主の渡辺さんが学生 時代に名古屋で食べたあんかけスパゲティの味に魅了されたのがき っかけ。卒業後福井に戻ってから も、週末のたびに名古屋に通い味 の研究に励んだ。足かけ18年の準備期間を経て平成23年9月に現在の店をオープンさせた。
太めの麺に彩り豊かな具材がト ッピングされ、その上からとろみのあるあんかけソースが皿を彩る。 ソースは胡椒をきかせたスパイシーな味が特徴で、レギュラーサイ ズでも十分満腹になるほどのボリ ュームながら、価格が非常にリー ズナブルなのも嬉しい限り。
名古屋から訪れた客も「本場に 引けを取らない」と太鼓判を押す本格的な味。二度三度と通うころにはあなたも刺激的な味の虜にな るに違いない。

ワンポイント情報

営業時間は10:30~15:00と17:30~21:00、日曜日が定休日となっている。店内はカウンターが5席、4人掛けのテーブルが4つ、2人掛けのテーブルが2つあるがランチタイムはすぐに満席になってしまうため早めの入店がオススメ。落ち着いた雰囲気の店内には、食欲を刺激するスパイシーな香りがただよう。一番人気の「ミラカン」はソーセージ、ベーコン、玉ねぎ、ハムなど具だくさん。

企業情報:
ナポリ
 代表  渡辺 哲弥 さん
〒918-8237 福井市和田東2-1901-1-1F
TEL.0776-27-7227
     

茂右衛門農場 直営カフェ 蔵カフェmon   チェンバー 平成26年5月号掲載

栄養価の高いピロール米を自然循環型農業で栽培する「もうえもん農場」は、昨年7月に築100年以上の蔵を改装し「蔵カフェmon」をオープン。米ぬかや米粉で作るスイーツ等を提供し、女性や家族連れを中心に好評を得ている。
最近注目され始めた“米ぬか”については、10年前からいち早く料理作りに取り組み、情報発信を行ってきた。きっかけは、「残留農薬の心配がないピロール米の米ぬかを分けて欲しい」というお客様からの電話だった。そして今年3月には、これまでの活動をまとめたレシピ本『米農家もうえもん母娘の米ぬかレシピ』を小学館から発刊。
「我が子のアレルギー体質改善の為に考えたレシピ。玄米食の補食として小さな子どもでも食べられる。息子がお米を大好きになったことが嬉しい」と語る上坂さん。
今後は、米ぬかを使ったドレッシングや焼き菓子などの新商品開発に取り組む予定である。

ワンポイント情報

米農家“もうえもん”では、ピロール農法でコシヒカリを栽培しており、インターネット販売も手掛ける。写真は米ぬかを使った“おにぎり”と“まぐろのグリーンサラダ”。米ぬかが素材のうま味を引き立てて美味。他にも米ぬかフィナンシェは、もっちりとした食感とほど良い甘さが特徴。

企業情報:
茂右衛門農場 直営カフェ 蔵カフェmon
 代表  上坂 起美好 さん
〒916-1102 鯖江市大野町29-21
TEL.0778-42-8551
http://www.komeyasan.jp/
     

(有)スターフーズ   チェンバー 平成26年4月号掲載

獣肉を料理に使う『ジビエ』は、高級食材としてヨーロッパでは古くから親しまれていたが、福井でも最近話題になることが増えたのではないだろうか。
坂井市に本社を構える(有)スターフーズでは、ジビエ料理を多くの方にもっと気軽に味わって頂こうと、年末に福井市中心部のガレリア元町に店舗をオープン。4月1日から「ジビエcafe 森の星」として、ランチメニューも行うようになった。
提供されるメニューは、地元で捕れたイノシシやシカ肉を加工・調理し、バーガーやカレー、パスタ、うどんに入れたり、イノシシ肉を糠漬けにし、程よく脂が抜けた肉を火でさっと炙って手毬寿司にしたものなど。これからは店内飲食だけでなく、テイクアウトも可能である。
ジビエを食べたことがある方にも、そうでない方にも是非一度同店で新鮮なジビエ料理を味わっていただきたい。

ワンポイント情報

「ジビエcafe 森の星」の営業時間は10:00~19:00、毎週水曜日が定休日となっている。明るく開放的な店内は、1Fにカウンター席、2Fにテーブル席が用意されている。また、店内では同社が製造している「元祖焼き鯖寿司」「食べる辣油」など、お客様が安心して食べられる地元産の新鮮素材を使った商品も販売している。

企業情報:
(有)スターフーズ
 代表取締役  中本 貴久 さん
〒913-0021 坂井市三国町楽円58-11
TEL.0776-82-7607
http://starfoods.biz/
【ジビエcafe 森の星】
〒910-0006 福井市中央1-10-27
TEL.0776-25-7607
     

(株)ノーステック   チェンバー 平成26年4月号掲載

コインパーキングシステムが実は福井県発祥の技術であることはご存じだろうか?福井市の(株)ノーステックでは、昭和40年代初めから全国の企業に先駆けてコインパーキングのシステム開発に取り組んでいる。福井市中心部「片町」のコインパーキングでも多数同社の製品が活用され、全国でも15,000台の設置実績を持つ。
同社の現在の主力商品の一つが、車輌を停めるフラップ板を無くした次世代型パーキングシステム。利用者にとって駐車する際の接触等の心配が無くなり、従来のシステムに比べ利用率・リピート率も高く、首都圏を中心に導入が進む。
また、福井市内の大型SCで導入されたモラルキーパーは、導入以降マナー違反の駐車が激減し、こちらも全国のSCや百貨店などから問い合わせが相次いでいる。
伊部社長は「今後は駐車場システムで培った技術を活かし、電子マネー等の
決済システムに特化したメーカーを目指したい」と語る。

ワンポイント情報

同社は独自の技術開発により特許・実用新案・商標登録を多数所有。2020年の東京五輪の観光客の移動手段として今後導入が伸びると推測されているシェアサイクルについて、同社でも新型の駐輪場システム開発が進められている。

企業情報:
(株)ノーステック
 代表取締役  伊部 徹 さん
〒918-8238 福井市和田2-904
TEL.0776-28-1006
http://www.n-tec1.co.jp/
  

ページの先頭へ戻る