新型コロナウイルス
対策 特設ページ

 新型コロナウイルス関連の最新情報、および事業所向け支援施策等について紹介いたします。
各省庁、行政機関からの情報を随時更新していきますので、ご確認ください。
1.新型コロナウイルスに関する経営相談窓口 

新型コロナウイルス感染症の発生により、経営に影響を受けている会員企業の皆様を支援するために、1月29日(水)より「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」を設置しております。
資金繰り相談、雇用調整助成金等の労務相談などにご利用ください。
 【経営相談窓口に関するお問い合わせ先】
 福井商工会議所 中小企業総合支援センター
TEL:0776-33-8284  
下のボタンをクリックすると、該当のトピックへ移動いたします。
 

2.企業の皆様へ(最新情報)
 
(2020.3.31)
「第2回新型コロナウイルス感染拡大による影響調査」を実施しました
(2020.3.26)
福井商工会議所「新型コロナウイルス感染症の対応フロー」を作成しました
(2020.3.26)
<金融庁より>新型コロナウイルス感染症の影響による資金繰り等でお困りの事業者の皆様へ
(2020.3.23)

<食品産業事業者向け>
新型コロナウイルス感染者発生時の対応・業務継続に関する基本的なガイドライン
(2020.3.23)
新型コロナウイルス対策・新規取引先開拓支援補助金募集のご案内

(2020.03.19)
小学校休業等対応助成金(労働者を雇用する事業主向けおよび
委託を受けて個人で仕事をする方向け)

(2020.3.19)
新型コロナウイルス関連 緊急企画
コロナウイルスに負けるな!「おうちdeレストラン」募集について

(2020.3.18)
小規模事業者経営改善資金(マル経融資)の金利引き下げ措置
(「新型コロナウイルス対策マル経」)について

(2020.3.18)

福井県知事「新型コロナウイルス感染症にかかる雇用維持への配慮に関する要請」について
(2020.3.17)
福井県産業労働部 「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者・個人の皆様へ」
(2020.3.16)
日本商工会議所「新型コロナウイルス感染症患者が発生した場合の対応について」
(2020.3.16)
日本政策金融公庫 新型コロナウイルス感染症特別貸付について
(2020.03.11)

事業者向け支援パンフレットについて
(2020.03.11)
飲食店等食品事業者向け情報
(公社)日本食品衛生協会 総合食品賠償共済制度「あんしんフード君」について

(2020.03.10)
令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募について
(2020.03.10)
令和元年度 日本商工会議所「小規模事業者持続化補助金」の公募について
(2020.03.06)
日本商工会議所「新型コロナウイルス感染症対策における中小企業支援に関する緊急提言」
の公表について

(2020.03.05)
新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置が拡大されます
(2020.03.04)
申告所得税、贈与税および個人事業者の消費税の申告期間延長
(2020.03.03)
新型コロナウイルス感染症に係る資金繰り支援措置 セーフティネット保証5号の指定について
(2020.03.03)
「時間外労働等改善助成金(テレワークコース、職場意識改善コース)の特例」について
(2020.03.02)
「新型コロナウィルス感染症への対応(Q&A)について」
(2020.03.02)
新型コロナウイルス感染症にかかる小学校等の臨時休業等に伴う保護者の休暇取得支援(新たな助成金制度)について
(2020.03.02)
新型コロナウイルス感染症に係る資金繰り支援措置 セーフティネット保証4号の指定について

(2020.02.28)
新型コロナウイルス感染症対策について(福井県より)


3.企業向け支援策情報

1)「セーフティネット保証(4号)」の指定について
新型コロナウイルス感染症により一定規模の影響を受けた中小企業者について、
一般保証と「別枠の保証」が利用可能となります。
【お問合せ先】 
福井県信用保証協会 рO776−33−1800

2)「福井県制度融資・経営安定資金」
新型コロナウイルス感染症により、売上減少など一定の業績悪化が見込まれる中小企業者が利用できます。保証料1/3の補給があります。
【お問合せ先】 
福井県 産業政策課 рO776−20−0373

3)「経営環境変化対応資金」
新型コロナウイルスの影響で、一時的に売上の減少など一時的な業況悪化により資金繰りに支障をきたしている又は恐れのある中小企業・小規模事業者を支援する融資制度です。
【お問合せ先】
日本政策金融公庫 福井支店 国民生活事業 рO776−33−1755 
日本政策金融公庫 福井支店 中小企業事業 рO776−33−0030

4)「新型コロナウィルス感染症にかかる衛生環境激変対策特別貸付」
新型コロナウイルス感染症の発生により、一時的な業況悪化から資金繰りに支障を来している旅館業、飲食店営業及び喫茶店営業を営む方が対象の融資です。
【お問合せ先】
日本政策金融公庫 福井支店 国民生活事業 рO776−33−1755 

5)「海外展開・事業再編資金」
海外直接投資事業にかかる海外法人企業が、新型コロナウィルスの影響を受けた結果、本邦内の事業活動が影響を受けている中小企業・小規模事業者を支援する融資制度です。
【お問合せ先】
日本政策金融公庫 福井支店 国民生活事業 рO776−33−1755 
日本政策金融公庫 福井支店 中小企業事業 рO776−33−0030

6)新型コロナウイルス感染症に係る中小企業者対策について
(セーフティネット保証5号対象業種の追加)
経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける業種に属する中小企業者の業況が悪化していることを踏まえ、中小企業者の資金繰り支援措置として、セーフティネット保証5号の対象業種の追加指定を行うことを決定しました。この措置により、一般保証と別枠の保証が利用可能となります。新型コロナウイルス感染症により特に重大な影響が生じている宿泊業や飲食業など40業種を緊急的に追加指定します。

(2020.3.16up)
7)日本政策金融公庫 新型コロナウイルス感染症特別貸付について
新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に業況悪化を来している事業者を対象とした「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を取り扱っております。

(2020.3.18up)
8)小規模事業者経営改善資金(マル経融資)の金利引き下げ措置
(「新型コロナウイルス対策マル経」)について


小規模事業者経営改善資金(マル経融資)について、新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書等を提出し、推薦団体(経営指導員)により売上減少が新型コロナウイルス感染症の影響によるものであることが見込まれる事業書について推薦が行われた場合、1,000万円を別枠とし、当初3年間軽減利率が適用される特例措置がとられます。
新型コロナウイルス感染症の影響により売上が減少した小規模事業者の資金繰りを支援するものです。
※なお、マル経融資に関する情報はコチラをご覧ください。

<貸付対象者>新型コロナウイルス感染症の影響(注1)を受け、
最近1か月の売上高が前年又は前々年同期と比較して5%以上減少した方であって、
「売上減少申告書等」の提出が必要となります。
(注1)「新型コロナウイルス感染症の影響」とは、新型コロナウイルス感染症の発生によって、当該事業者 の事業活動に突発的に甚大な影響が発生しつつあるもの又は甚大な影響が発生されると懸念されるものをいう。なお、いわゆる「風評被害」等合理的・客観的な理由が必ずしも存在しないにもかかわらず事業活動に影響が生じるもの等を含む。

<貸付限度額> 一般マル経とは別に1,000万円
(ただし、日本政策金融公庫国民生活事業における新型コロナウイルス感染症特別貸付(以下 「感染症特貸」という。)のうち、金利引下げ措置に対する3,000万円を限度とする限度額に含まれる等、ほかの貸付けと重複 する場合の貸付残高合計額に限度がある)

<貸付期間> 運転資金:7年以内(据置期間3年) 設備資金:10年以内(据置期間4年)

<貸付利率>貸付日から当初3年間→ 0.31%(一般マル経適用利率−0.9%)
      貸付日から3年経過後→ 1.21%

本融資を受けるためには、売上減少に関する申告書の提出や、商工会議所会員であることなど要件が必要となります。詳しくは、お問合せください。
【お問合せ先】福井商工会議所 金融・税務相談課  TEL:0776-33-8284

9)(2020.3.26up)
<金融庁より>新型コロナウイルス感染症の影響による資金繰り等でお困りの事業者の皆様へ
金融庁では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けお困りの事業者の皆様に向け
たリーフレットを作成しました。
銀行等においては、迅速かつ柔軟に事業者の資金繰り支援に取り組んでいますので、
お取引先の銀行等へ積極的にご相談ください。
リーフレットはこちらです





1)「小学校等の臨時休業等に伴う保護者の休暇取得支援(新たな助成金)」
新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子の保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため、正規・非正規を問わず、労働基準法上の年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた企業に対する助成金が創設されました。
【お問合せ先】
福井労働局 雇用環境・均等室 総合労働相談コーナー 
電話番号 0776−22−3363

2)「時間外労働等改善助成金(テレワークコース、職場意識改善コース)の特例」
新型コロナウイルス感染症対策として、新たにテレワークを導入し、又は特別休暇の規定を整備した中小企業事業主を支援するため、既に今年度の申請の受付を終了していた時間外労働等改善助成金(テレワークコース、職場意識改善コース)について、特例的なコースを新たに設け、申請受付を開始しました。
【お問合せ先】
福井労働局 雇用環境・均等室 総合労働相談コーナー 
電話番号 0776−22−3363

3)新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置が拡大されます
厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の特例措置の拡大を今後行う予定です。概要は下記の通りです。更なる詳細については、政府発表以降随時更新いたします。

4)小学校休業等対応助成金(労働者を雇用する事業主向け)について
令和2年2月27日から3月31日までの間に@新型コロナウイルス感染症に関する対応として臨時休業等をした小学校等に通う子ども、A新型コロナウイルスに感染した又は風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小校等に通う子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主に対する助成金制度です。
リーフレットはこちらです

5)小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)について
令和2年2月27日から3月31日の間に小学校等の臨時休業等に伴い、子どもの世話を行うために契約した仕事ができなくなった個人で仕事をする保護者に対する助成金制度です。
リーフレットはこちらです




(2020.3.10 up)
(1)令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募について
・新型コロナウイルスの影響を受けて、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資等を行う事業者を加点措置や申請要件緩和等によって優先的支援する旨の内容が含まれております。詳細につきましてはリンク先をご覧ください。

(2020.3.10 up)
(2)令和元年度補正日本商工会議所「小規模事業者持続化補助金」の公募が開始されました
新型コロナウイルス感染症による経営上の影響(従業員等の罹患による直接的な影響、 感染症に起因した売上減少による間接的な影響)を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者への
支援内容が盛り込まれています。
詳細につきましてはリンク先をご覧ください。

(3)生産性革命推進事業(@ものづくり・商業・サービス補助金、A持続化補助金、BIT導入補助金)において、新型コロナウィルス感染症の影響を受けながらも、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資や販路開拓に取り組む事業者に対して、採択審査において加点措置が講じられています。
@ものづくり・商業・サービス補助金
新製品・サービス開発や生産プロセス改善等のための設備投資等を支援する補助金
(補助上限:1,000万円、補助率:中小1/2、小規模2/3)
A持続化補助金
小規模事業者の販路開拓等のための取組を支援する補助金
(補助上限:50万円、補助率:2/3)
BIT導入補助金
事業継続性の観点から、ITツール導入による業務効率化等を支援する補助金
(補助額:30〜450万円、補助率:1/2)

詳しくはこちらのページをご覧ください。
 
(2020.3.19 up)
(4)新型コロナウイルス関連 緊急企画
テイクアウト・デリバリ― 利用拡大キャンペーン 「おうちdeレストラン」募集 について

福井県では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、外出・外食を控える動きが広まり飲食店や宿泊施設の売上が急速に落ち込んでいる状況を受け、テイクアウト、デリバリーメニューの情報発信サイトを立ち上げ、自宅や職場でプロの味を堪能してもらうキャンペーンを展開します。掲載店を随時募集いたしますので、飲食・宿泊施設関係事業者の皆様にご案内させていただきます。

<開催時期> 令和2年3月23日(月)〜 〈予定〉

<対 象 店 >  県内の飲食店・宿泊施設
       (テイクアウト、デリバリーメニューを提供可能な店舗)

<PR方法>  テレビCM、新聞広告、HP・SNSなどで広く発信します。

<申込方法>  申込様式にご記入の上、FAXまたはメールにてご提出ください。
<申込様式>  Wordデータはこちら   PDFデータはこちら

<お申込先> (株)ウララコミュニケーションズ FAX:0776−36−9292
E-mail:takeout@urala.co.jp

【本件お問合せ先 】福井県交流文化部ブランド課 TEL:0776−20ー0762
 
(2020.3.23up)
(5)<製造業者向け>新型コロナウイルス対策・新規取引先開拓支援補助金募集のご案内

福井県では新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた製造業者を対象に、部材などの新たな調達先の確保にかかる経費を補助します。
・補助率   :1/2
・補助限度額 :30万円
・対象期間  :令和2年5月1日以降〜令和3年3月31日
・補助対象経費:(1)調達先企業や工場の確認、商談等にかかる旅費、通訳料 等
           (2)その他上記以外で知事が必要と認める経費
詳しくはホームページをご覧ください。

お問い合わせ先
福井県産業労働部 産業技術課 工業・繊維グループ Tel:0776-20-0370 
 


1)事業者向け支援パンフレット
経済産業省が、新型コロナウィルス感染症により売上が減少している中小・小規模事業者向けの支援パンフレットを作成しました。

2)新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)
厚生労働省では、企業向けの新型コロナウイルスに関するQ&Aを作成して、
随時更新しています。

3)福井商工会議所 新型コロナウイルス感染拡大による企業活動への影響調査
(2020年2月)

実施時期:令和2年2月7日(金)〜18日(火) 回答数:479社

4)申告所得税、贈与税および個人事業者の消費税の申告期間延長
新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、申告所得税、贈与税及び個人事業者の
消費税の申告・納付期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました。振替納税を選択した場合の振替日も延長されます。
※これらは2月27日付で国税庁が発表したものですが、個別の申告会場の開設期間や場所に
ついても同様に変更されるかどうかが不詳です。
今後、新しい情報が入り次第、更新します。

なお、福井商工会議所ビルの会場で行われている集団型の「確定申告サポート室」については
令和2年3月13 日(金)までとなっております。
【確定申告サポート室に関するお問合せ先】
福井商工会議所 金融・税務相談課  TEL:0776-33-8284 

5)日本商工会議所
「新型コロナウイルス感染症対策における中小企業支援に関する緊急提言」の公表について

日本商工会議所(三村明夫会頭)は、本日(3月6日)、「新型コロナウイルス感染症対策における中小企業支援に関する緊急提言」を取りまとめました。
本緊急提言の内容が、国の新型コロナウイルス感染症対策における中小企業支援策に反映されるよう、新型コロナウイルス感染症対策本部長(内閣総理大臣)、同副本部長(内閣官房長官、厚生労働大臣)、経済産業大臣等に提出し、強く働きかけていきます。

6)飲食店等食品事業者向け情報
(公社)日本食品衛生協会 総合食品賠償共済制度「あんしんフード君」について
食中毒や特定感染症などによる休業補償特約などについて紹介されています。
<お問合せ先>
福井食品衛生協会 担当:古木
専用携帯 080-2962-7251(土日祝のぞく8:30〜17:15)
HP http://www.fukui-syoku.jp/

7)(2020.3.16 up)
日本商工会議所「新型コロナウイルス感染症患者が発生した場合の対応について」
日本商工会議所では、保健所等にヒアリングを実施し、感染者の発生に関するフローチャートを作成いたしました。また、感染者が発生した場合に事業者が行う手続き等について整理されています。詳しい内容はコチラをご覧ください。

8)(2020.3.17up)
福井県産業労働部 「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者・個人の皆様へ」
当所含む経営相談窓口や、県で実施する施策について紹介されています。

9)(2020.3.18up)
福井県知事「新型コロナウイルス感染症にかかる雇用維持への配慮に関する要請」について
福井県知事より、雇用維持への配慮に関する要請がございました。管内事業所において、
「雇用調整助成金」の活用による従業員の雇用維持、有期契約労働者等への雇用の安定、新卒内定者への配慮などが要請書の主旨となっております。会員企業の皆様におかれましてはこの要請・趣旨をご理解いただきますようお願いいたします。詳細はリンク先をご覧ください。


10)(2020.3.23up)
<食品産業事業者向け>
新型コロナウイルス感染者発生時の対応・業務継続に関する基本的なガイドライン
農林水産省より、従業員に新型コロナウイルス感染症の患者が発生したときに事業所が業務継続を図る際の基本的ポイントについて、ガイドラインがまとめられましたので、
ご参考になれば幸いです。


11)(2020.3.26up)
福井商工会議所「新型コロナウイルス感染症の対応フロー」を作成しました
このフロー図は、日本商工会議所「新型コロナウイルス感染症の感染確認およびその後の対応フローについて」をもとに、福井市保健所へのヒアリングから福井商工会議所にて作成しております。あくまでも大まかな流れを示すものであり、保健所などの専門機関への相談、指示のもと慎重にご対応下さい。

12)(2020.3.31up)
「第2回新型コロナウイルス感染拡大による影響調査」を実施しました(2020年3月)
実施時期:令和2年3月23日(月)〜25日(水) 回答数:391社
    

なお、新型コロナウイルスに関する情報は、福井県のホームページ (バナー「新型コロナについて」)に掲載されておりますので、ご参照ください。


福井商工会議所ホームページに戻る