福井で開業するなら開業サポートセンターへ!

小さなことと思っても、実は大きな課題かも?
些細なことでもかまいません。
まずは開業サポートセンターへ連絡ください!

開業サポートセンターとは国から認められた
公的な機関である福井商工会議所が運営している
開業に関する専門相談窓口です。
新たに開業したいとお考えの方から、
開業して5年目までの方を主な対象に
開業に関するあらゆるご相談に応じます。
公的な機関のため安心してご相談いただけます。
どのような方でも相談料は無料、秘密厳守でご対応します。
「商売を始めたいが何から手をつけて良いかわからない」
といった方でもOK!
基本的なことから丁寧にご説明いたします。

関係機関と連携した、充実のサポート体制。

基本的な相談にあたっては開業相談専門のスタッフが
マンツーマンで丁寧にご対応致します。
また、商工会議所のネットワークを生かし、各金融機関をはじめ、
弁護士や税理士、中小企業診断士といった各種コンサルタント、
不動産や設備導入にあたっての業界専門家、
また既に開業して活躍されている先輩開業者に
「開業サポーター」としてご登録いただいています。
ワンストップでお悩みの解決を図ります。

開業に向けての講座やセミナーの開催、
 人脈づくりに交流会を開催。

個別の相談対応だけではなく、開業についての知識やネットワークを広げる場として
セミナーや交流会を開催しています。
セミナーではスクール形式で開業の「いろは」を基礎からお教えします。
またセミナーや交流会では同じ志を持つ仲間や
開業してからもお手伝いをしてくれる業者や専門家などとお知り合いになるチャンスです。

福井で開業を目指すなら福井走行会議所にお任せ下さい!金融機関、専門家、先輩開業者、関連業者、行政・公的機関と繋げるお手伝いをいたします!
福井商工会議所では開業の相談をお待ちしてます。相談は無料、秘密厳守ですのでご安心下さい。

相談をしてトクしました!

美容業

株式会社 Superior

代表取締役松本 直美さん

開業に必要な準備資金や開業後の資金繰りの
具体的な数字を出していただいたので、
開業を現実的に考えることができ、目標も立てやすくなりました。

開業に必要な準備資金や開業後の資金繰りの具体的な数字を出していただいたので、開業を現実的に考えることができ、目標も立てやすくなりました。

開業を考えている方へ!

〜開業するメリットとデメリット〜

メリット

自分の思い描いているビジネスが行える。

これまでの経験や知識、またアイデアを生かして自分のやりたいことを
そのまま仕事とすることができます。
自分の思い描いていた、自分のあるべき姿、
目的をそのまま体現することが可能です。

自分のやり方次第でいくらでも稼げるようになる。

会社に勤めている場合は、いくら頑張って成果を残しても、
収入は限られてしまいます。
開業し、成果を残すことで自分の収入を大幅にアップすることもできます。

自由に仕事を行える。

自分の裁量で仕事を行うことができるため、自由に時間を作りだすことができます。
また、会社勤めと違って定年もなく、自分が望むなら生涯働くことも可能です。
自分が社長ですから、組織として縛られることもありません。
自分の生活を豊かにできるかどうかは、全て自分次第です。

デメリット

最終的な責任を取らなければならない。

自由があり、全て自分で決めて進めることができる反面、
最終的な責任は全て自分が負わなければなりません。
従業員がいる場合は、その方たちの生活も背負うことになります。

安定した収入が得られない場合がある。

成果を残すことによって、大きな収入を得ることができる反面、
成果がでない場合には収入が全くなくなることもあり、
生活が不安定になることも考えられます。

社会的な信用が低くなる場合がある。

会社勤めの場合は、「○○会社の○○さん」という肩書があって
世間からも認知されましたが、開業後は一個人としての扱いになり、
対外的な信用を得るまでに時間がかかることもあります。

開業の目的、目標、決意を明確にすることが開業するために必要です。
開業に関するご相談お待ちしております。相談することで成功に繋がります。

開業を決意した方へ!

〜開業に必要な準備と手続き〜

開業を決意したらいよいよここからが勝負です。
業種を選定しよう!
自分が今まで働いてきた経験や特殊技能を活かせる業種の選定。 成長性を見越した業種の選定。

自分の経験・キャリア(資格)を活かした業種選定

自分が今まで働いてきた経験や特殊技能を活かせる選定方法です。
例えば料理店で長年修行した人が同じ料理の店を持つ場合や、
建築士や税理士の資格を持つ人が
設計事務所や会計事務所を始めるのもこれに該当します。
この方法で独立する人が最も多く、成功率も高いと言われています。

成長性を見越した業種選定

いわゆる「スキ間産業」をねらう方法です。
需要の増加が見込める新たな商品やサービスを手掛けることにより、
また既存の企業との無用な競争を避けることによって
事業を拡大することが可能です。
このような業種には新規参入者が大変多いため、
それなりのリスクが伴うことも考慮に入れておかなくてはなりません。

自分の趣味を活かした業種選定

「自分の趣味や好きなことが仕事になったら」とは、誰もが考えることです。
自分の好きなことであるからこそ、仕事に対する情熱も湧き、どんどん知識も吸収していけます。
またその業種に対するノウハウもあるでしょう。
しかし、好きなことを趣味でやるのと、仕事にするのとは全く別の話です。
趣味の延長という甘い考えは捨てる覚悟がないと成功はおぼつかないでしょう。

フランチャイズ・チェーン

自分の経験や特技を活かしたり、成長業種をねらう方法以外に、フランチャイズ・チェーン(FC)に加盟する方法もあります。 FCはアメリカで生まれたシステムで、本部とFC加盟希望者が契約を結び、商号・商標などを使用させ、 統一的なイメージで事業を行う権利を与えたり、経営に関する指導を行う営業形態です。

  • フランチャイズ・チェーンで開業する違い

    • システム

      FC加盟希望者は本部に対して加盟金を支払ってFC契約を結び、 本部の経営方針に従って営業を展開し、毎月の売り上げの何%かをロイヤリティーとして納める。 加盟者は本部との契約上、さまざまな義務を負いながら事業を運営していくが、 あくまでも経営権はこの加盟者本人が持つ。 従って従業員の雇用、利益の確保など経営上の責任は加盟者自身が負うことになる。

      本部からの主なサポート

      市場調査・事業計画の策定・運営・販売戦略・戦術の指導・経理の指導 など

      メリット

      ・比較的小資本でも開業できる。
      ・未経験の分野でも本部のアドバイスによって開業が可能。
      ・店舗の出店の際や事務処理についても本部の協力が得られる。
      ・本部から定期的に安定した商品や原料の供給を受けられる。
       など

      デメリット

      ・チェーン店全体としての統一性を要求されるため、個人の特徴や方針を打ち出しにくい。
      ・加盟金。ロイヤリティーを支払う義務があり、その分の利益が減少してしまう。
      ・営業権の譲渡に制限があり、契約終了後に類似の事業を行うことが禁止されている場合がある。
       など

      加入する際の注意

      ネズミ講まがいのシステムのチェーンもあるため、最低限でも次の点はチェックする必要がある。
      ・「中小小売商業振興法」で定められている「開示義務」を加盟希望者に交付しているか。
      ・本部と加盟者の間で取り交わされている契約書で、金銭の取扱が明確にされているか。
      ・そのFCが公的に何らかの認可を受けているかどうか。

個人事業主と法人企業の違いとは?

開業して事業を行う場合、個人で行う場合と、法人を設立する場合の2つの形態があります。 個人と法人にはそれぞれ異なった特徴があります。 法人にも合名会社、合資会社、合同会社(LLC)、株式会社の4つの形態があります。 最初は個人で開業して、その後、事業拡大とともに法人に移行する、法人成りの場合もあります。 両者のメリット、デメリットをよく把握した上で、どちらの形態で開業するか決定してください。

  • 個人事業主、法人で開業する違い

    • 開業の手続き

      個人の場合

      ・税務署、県税務署、市町村役場課税担当課への開業届け。
      ・従業員を雇用する場合は年金事務所、労働基準監督署、公共職業安定所への届出。

      法人の場合

      ・法務局への会社設立登記手続。
      ・税務署、県税務署、市町村役場課税担当課への開業届け。
      ・従業員を雇用する場合は年金事務所、労働基準監督署、公共職業安定所への届出。

      資金

      個人の場合

      ・資金の調達には限界がある。
      ・開業資金は元入金とされ、資本金の定めはない。

      法人の場合

      ・出資金の形で資金調達ができる。
      ・新会社法により、資本金は1円以上。

      責任

      個人の場合

      ・事業主体として事業主が全ての責任を負うことになる。

      法人の場合

      ・形態により責任範囲は異なる。

      メリット

      個人の場合

      ・小資本で手軽に、一人でもすぐ事業や商売ができる。
      ・事業に必要な資金と個人の生活資金を自由に融通することができる。
      ・事業開始の手続きが極めて簡単。
      ・決算時の税金の申告の際は損益計算書を作成するだけでよい。

      法人の場合

      ・対外的な信用が得られる。
      ・第三者からも幅広き資金を集めることができる。
      ・所得額が大きくなると、個人に比べて税負担が少なくなる。

      デメリット

      個人の場合

      ・社会的な信用が法人組織に比べて劣る。
      ・第三者からの資金提供を受けにくい。
      ・事業が失敗した際の責任が大きい。
      ・所得が多くなると、法人組織に比べて税負担が大きい
      ・政府管掌保険、厚生年金に加入することができない。

      法人の場合

      ・設立の手続きが個人に比べて、煩雑である。
      ・決算時の事務作業が多い。

業界・市場・地域の情報を収集しよう![マーケティングリサーチ]
どのような商売をするか概略が決まったら、次はその開業予定の業界の情報や開業する場所(出店先)の地域情報・市場情報などを収集し、分析しましょう。

ここまでの時点で、どのような商売をするか概略が決まったら、
次はその開業予定の業界の情報や開業する場所(出店先)の
地域情報・市場情報などを収集し、分析しましょう。
開業前には情報をしっかりと把握しておくことが大切です。
開業サポートセンターや、セミナー、
国勢調査などから情報を入手しましょう。

事業計画で将来が変わる!

飲食業

発酵薬膳料理禅ZEN

オーナー尾﨑 伸也さん

事業計画をしっかり立てることで、
経営してく目標や指針が明確になりました。
目標に設定した数字を目安に経営することができています。

事業計画をしっかり立てることで、経営してく目標や指針が明確になりました。目標に設定した数字を目安に経営することができています。
事業計画を立てよう!

事業が決まれば次は「どういう商品を売るか」「どのようなお客さんに売るか」「お店のイメージをどうするか」 というような経営の基本を考えます。

まずは、基本コンセプトを決めよう!

ターゲット(販売先・顧客層)の選定 取扱商品(サービス)の選定 開業場所(立地)の選定

「お客様は誰?」

ターゲット(販売先・顧客層)の選定

漠然とした販売対象では的確な営業活動は行えません。
不特定多数消費者を対象とする小売業・サービス業も、
狙うべき客層を明確にしておくことが営業方針を決める基になります。
店舗販売では顧客の性別、年齢層、所得層などを、
事業者を対象とした業種でも地域、業種、企業規模などを
明確にしておくことが必要です。

「何を販売する?」

取扱商品(サービス)の選定

取扱商品の選定は営業方針の中でも最重要事項です。
セールスポイントがないと、競争に勝ち抜くことは困難です。
選定では価格帯、品質水準、付帯サービスなどがあげられます。

「どこで開業する?」

開業場所(立地)の選定

業種によっても異なりますが、一般的には
・人通りが多い場所かどうか  ・交通アクセスは良いかどうか
・競合店がないかどうか    ・将来性がある地域かどうか
・駐車場の確保はできるか
があげられます。
開業場所は、事業が成功するか失敗に終わるかどうかにも
大きく関わってきます。

「どう販売する?」

店舗づくりや販売(営業)戦略

セールス活動を主体とする業種では、経営者自身が持つ販売ルートが非常に重要になります。
高い技術力を持っていても、それを必要とするユーザーに出会わなければ、購買に結びつきません。
どれだけ確実に、ニーズを掘り起こし、ユーザー開拓の見通しを立てられるかが、開業成功の鍵となります。

「どこで仕入れをする?」

仕入れ先の選定

販売業種(卸・小売業)では、仕入れ先の選定が重要なポイントとなります。
豊富な商品構成をとるためには仕入れ先の協力が不可欠です。
商品の品質や金額、支払い方法など、複数の仕入れ先を比較して検討しましょう。
製造業や建築・建設業では、材料や部品の購入もありますが、外注先の確保も重要です。
日頃から各方面との交流(人脈づくり)や情報交換を積極的におこないましょう。

次に開業に必要な資金計画、
開業後の収支計画を立てよう!

開業に必要な「設備資金」と「運転資金」をできるだけ細かく見積もって、具体的に書き出してみましょう。

開業資金の算出をする

開業に必要な資金として「設備資金」と「運転資金」に分けられます。
それぞれできるだけ細かく見積もって、具体的に書き出してみましょう。

設備投資

□不動産関係費用
権利金、保証金、敷金、仲介手数料など

□店舗・事務所関係費用
設計料、建築費、外装費、内装費、看板など

□機械・備品費用
機械、車両、什器、備品

運転投資

□開店資金
広告費、消耗品費、販促費、雑費など

□商品仕入費
開店商品仕入

□運転資金
地代家賃、水道光熱費、給料賃金、その他経費

開業資金の金融機関からの借入は1/2程度に抑えましょう。

資金の調達先を検討する

算出した資金額をどのように調達するか決めます。
自己資金でまかなえない分は金融機関などで借入します。
できるだけ自己資金と身内からの借入を第一に考え、
金利などがある金融機関からの借入は1/2程度に抑えましょう。

開業後の収支の予測をする

開業後の毎月の収支予想を計算します。開業後の収支は次の手順で算出します。

開業後の収支は、売上見込額の算出、売上原価の算出、営業経費の算出、利益の算出、の手順で算出します

事業計画がまとまったら、
魅力ある創業計画書にまとめよう!

創業計画書にまとめよう!

創業計画書は、頭の中で描いたアイデアや構想を現実に移すためのプランです。 また、事業に賛同協力してくれる人を募るためのツールであり、 資金を得るための金融機関への説明書ともなります。 したがって、その内容、表現は、第三者が理解し、共感できるものでなくてはなりません。 創業計画書をまとめるポイントは次の通りです。

Point.1全体の構想を明確に書く

事業を構想した動機、背景や、関連する業界と既存事業との相違性、
事業の社会的意義、将来性、事業を貫くポリシーを明確にします。

Point.2事業内容を明確に書く

提供する製品・商品・サービスの具体的な内容や、
対象となる顧客・市場、当面アプローチする対象、
将来のマーケット顧客確保、開拓の具体的手段。
資金計画、収支計画など、数値計画と裏付けデータを書きます。

Point.3計画の実現可能性を明確に書く

事業を実現するための具体的手段、プロセスの提示。
想定される問題点、弱みはなにか、その克服手段。
協力・支援してくれる人・会社はだれか。
将来開拓していくための方策を書きます。

Point.4事業の採算見通しを明確に書く

資金計画、損益計画について書きます。
損益計画は月別に最低6ヶ月。年次計画で3〜5年ほど作成します。

Point.5事業スケジュールを明確に書く

スタートアップまでのスケジュールです。
中期(3〜5年)の事業目標、長期(5年以上)の事業目標と
事業内容、事業規模(売上規模、人員規模など)の目標を書きます。

創業計画書は、頭の中で描いたアイデアや構想の魅力を、第三者にどれだけ伝えられるかがポイントです。
借入金返済計画を立て、開業資金を借入しよう!

開業資金の借入方法

一般的に開業時の借り入れは難しいと言われています。
その理由は、営業実績がない、売上が上がらずに返済できない場合がある、めぼしい担保がないなどです。
この状況で借り入れをするために
①できるだけ多くの自己資金を用意する(借入予定先の負担を軽減する)
②しっかりと事業計画をたてて、融資に対する不安を和らげる
ということが大切です。

開業資金の借入先

開業資金や開業後の運転資金・設備資金の借入先を大きく分けると、民間の銀行から借り入れる方法と、
県や市、公庫(国)などの公的融資を利用する方法の2通りあります。

借入の申込先

銀行から借り入れる場合は、借入しようとする銀行の融資窓口。
県または市の融資制度の場合は、県または市の融資制度取扱金融機関(ほとんどの銀行・信用金庫)。
日本政策金融公庫の場合は、各公庫の融資窓口(一部商工会議所でのお申し込みが必要な場合があります)です。
借入する前にまずは開業サポートセンターでのご相談をお勧めします。

借入金返済計画を立てる

金融機関で借り入れを行う場合は、しっかりとした借入返済計画を立てておくことが大切です。
返済財源となるのは、減価償却費と当期利益です。

許認可が必要な業種は、申請しよう!

業種によっては健康福祉センター、警察署などの関係行政機関への届出や許可・認可が必要となります。 申請に必要な資格・許可・認可が取得できるかどうかを事前に調べておく必要があります。

金融機関から借入をして、
いよいよ開業です!

金融機関から借入をしたらいよいよ開業です!
開業1ヶ月前、やり残しがないよう気をつけよう!

おおむね開業1ヵ月前から開業に必要な備品や商品などの手配、開店の案内などの広告などを行います。

開業前チェックリスト

□開店チラシの発注
□開店消耗備品の発注
□従業員の募集・採用・教育
□商品の仕入れ
□業務用OA機器の操作習得と教育
□開店直前の挨拶まわり
□開店直前の全体チェック
□つり銭のチェック
□看板の設置
□電気・ガス・電話・水道等公共サービスの手配、手続
□改装が終了した店舗の検収(チェック)、受領
□入荷商品の検収、陳列とPOP等の店内ディスプレイ
□必要によっては当座預金や業務用口座などの新しい銀行口座の開設
開業に関するご相談お待ちしております。相談することで成功に繋がります。

開業された方へ!

〜開業後に必要な諸手続きと戦略〜

開業後に必要な手続きもあります。
開業後の諸手続きをしよう!

ここまで来るのにいろいろな困難があったことと思います。 商売がうまく軌道に乗るか不安もあるでしょう。 しかしもう後戻りはできません。失敗を恐れずに進みましょう。

税務、労務関係の届出をしましょう。

税務関係の届出をしよう!

開業して事業主となると自らの税金を計算し
納付・申告しなくてはならないのはもちろんのこと、
自分の事務所で雇っている従業員の給与からの源泉税の申告・納付や
年末調整の事務なども行わなくてはなりません。

雇用関係の届出をしよう!

従業員パートを雇って事業を行う場合、個人・法人に関わらず、様々な届け出が必要になります。
またパートタイマーを含めて常時10人以上の従業員を雇う場合は、就業規則も必要となります。

売上拡大に向けた戦略を実行しよう!

開業してからが本当の勝負です。売上が少ないとご商売だけではなく、 ご自身の収入も安定せず、生活が苦しくなることも考えられます。 そうならないためには、売上を伸ばすための計画を しっかり立てた上で実行していくことが必要です。

経営状況(販売・財務・人材)の再確認をしよう! 補助金・助成金を活用しよう!

経営状況(販売・財務・人材)の再確認をしよう!

ビジネスを成功させる上で「ヒト・モノ・カネ」の
三要素が非常に重要だといわれています。
事業を成し遂げるために必要な知識や技能を有している人材(ヒト)、
お客様に満足いただけるものを生み出す原材料や商品、設備(モノ)、
またそれらを賄うためには資金(カネ)が必要になりますので、
自分に足りないものがないかしっかりと確認してください。

販売・財務・人材の戦略を考えよう!

「ヒト・モノ・カネ」をうまく組み合わせて
今後の事業展開を行うことで売上を伸ばすことができます。
物量や資本を多くすることで販売コストを下げるのか、
他社と違った商品を開発することで差別化を図るのか、
特定の市場へ集中して販売を行うのか。
適切に経営資源を配置しながら戦略を練っていきます。

補助金・助成金を活用しよう!

創業者を対象とした、家賃や広報費等の費用や設備導入に関する資金を補助する制度があります。
利用することで資本の増加や事業が軌道に乗るまでの資金繰りの安定を図れます。
申請については計画書の提出が必要ですが、開業サポートセンターで作成のお手伝いをしています。

開業に関するセミナーのご案内はこちら
開業に関するご相談お待ちしております。相談することで成功に繋がります。
Top